2016年の2月に東京から沖縄へ移住した。自宅で作陶しながら今後を模索中。
 先週1週間に報告された熱中症患者数が50を超える一方、インフルエンザの流行宣言がなされた。

 熱帯夜が続いているので、引き続き就寝中の室温と水分補給にもご留意を。



 この時期は、朝夕に涼しい風が吹き、日中は青空に白い雲のコントラストが広がり、日が暮れる時には街中が紅色に染まる素敵な季節。

 梅雨明けの夏休み前で、航空券などが比較的安い穴場の時期でもある。

 県民にとっても行楽季節の始まりだが、運転はこんなもんだと慣れてしまっているのか、県民持ち前のいい加減さに警察の取り締まりの甘さも加わってか、多くの車の運転は雑で危険。
 
 カーブや坂の頂上の駐車、車線変更や追越し禁止の無視なんてのは当たり前で、制限速度80kmの高速で130km超出している頭おかしいのもゴロゴロしとる。

 警察の取り締まりがないからやっているのだろうが、何度も言うように「罰がないからやっても構わない」というのは下等。

 飲酒運転検挙数、チャイルドシート使用率などが全国ワーストという恥ずべき称号は、肥満などと同様に、潜在的な県民のリスク管理意識の低さの象徴だ。

 郷土愛は全国一位だそうだが、愛すればこそ直すべきことには厳しく臨みなさい。

 ちなみに、今年は交通死亡事故の二輪車の占める割合が前年比で倍増していて、若年層よりも中年ドライバーの事故死が増えているそうだ。 

 スピードの出し過ぎが主原因とか。

 危険な運転は海外観光客だけの話ではない。



 そういう運転の中に入っていきたくはないが、今年は少し外に出ようとも思っているので、行ってきた。

 といっても、片道30分程度のイオンモール沖縄ライカムまで。

 目的は、片桐仁氏の「ギリ展」。

   DSC01324.jpg

 ご本人が「不条理アート」と呼ぶ、粘土作品展だ。

  DSC01325.jpg DSC01327.jpg DSC01328.jpg DSC01329.jpg

 粘土だけで作るのではなく、電卓やスマホなどの日用品に粘土を盛って造形する。

 発想と造形の技術力は常人の及ぶところではなく、面白いのも確かだが、スゴイとか、奇麗とか、キモイとか、よくできているとか、そういう平凡な言葉では評せない作品だ。

 18年に渡る160点の作品は見ごたえあるのだが、不思議と見終わった後は一点一点の記憶が薄くて、全体的な印象だけが鮮明に残った。

 「あの人はああいうものを作るんだ」という強烈な印象。

 
 9日(日)まで、3Fのイオンホールにて。

 スマホとイヤホンを持っていくと、展示会場のQRコードを読み込んで、本人の解説を聞くことができる。


 それにしても、ライカムの中って館内配置図の掲示が少なすぎて、分かりずらいね。


 
 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。


   

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/07/07 18:12】 | これ知ってる?
トラックバック(0) |
 沖縄は高温注意情報が発表されていて、寝ている間の熱中症にも要注意とのこと。

 
 
 将棋の藤井四段の連勝は止まってしまったが、巷ではついこの前の「空前の卓球ブーム」に続いて、「空前の将棋ブーム」だそうだ。

 私はルールすらちょっと怪しいくらい将棋とは無縁だが、藤井さんは応援している。

 先日の対戦の際、投了する前に上着を着て身を正してから、「負けました」と頭を下げる、あの人柄が好きだ。

 テレビなどで、「14歳とは思えない」とか「中学生なのに」などとコメントする人がいたが、歳は関係ないと思うよ。

 挨拶しないやつは幾つになってもできないし、そういう奴は「有難う」や「ご免なさい」も言えないものだ。

 
 藤井さんグッズも人気だが、幼少期に玩具として遊んでいたという、木製ブロックのパズルも入荷待ち状態だとか。

 我が子の可能性を広げるために、親が考えることはいつの時代でも皆同じようだ。

 私の母もそういうものは真っ先に買い与えるような親だった。

 ピアノ、水泳、絵画など、私が望むことを次々やらせてくれたけれど、私にはその頃から努力や忍耐という文字が無く、どれもかじっただけで止めてしまった。

 母としては、私が自分に合うものに出会うまでは仕方ないと思っていたようだが、結局何も身に付かなかった状況を見て、私が泣いても、引きずってでも続けさせるべきだったと後悔していた。

 
 思い返せば、そういう母はというと、私の記憶にあるだけでも、華道や茶道、ママさんバレーに続き、鎌倉彫りや陶芸など、私が小学校5年生の春に転居するまで、いろんなことをやっていたね。

 努力家の母は、それぞれそれなりにものにしていたように思う。

 ちなみに、その努力する遺伝子を受け継いだのは兄の方。

 
 そんな母が亡くなって4年半以上経つが、当時実家を片付けたときに出てきた昔の母の陶芸作品の中で、正直言って不細工だけど、大きさが丁度いいので仏前の線香立てに使ってきた小さな器がある。

  沖縄は風が強いので灰が舞うことがあり、最近深さのあるものを自分で作って取り替えたのだが、今まで使っていたのを洗う際に、裏にひっくり返して驚いた。

 今まで気が付かなかったけれど、裏面に私の署名が。

   DSC01308.jpg

 そういえば、確かに、母が自宅で作陶している脇で余った土で作った覚えがある。

 図らずも、40年以上前に作ったものと、この歳で作ったものが並んでいたことに苦笑い。

   DSC01311.jpg

 小学生の頃の指のあと。

 昔の方が上手かった気さえする。

 

 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。


   

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/07/04 20:49】 | ちょっと独り言
トラックバック(0) |
 日中は洗濯物が30分で乾いてしまうのは有り難いが、突然の雨で台無しにも。

 夏ですな。


 
 泡盛の久米仙酒造が今年発売した、「G.E.M」。

  DSC01300.jpg DSC01299.jpg

 Genuine Extra Maturedの略だそうで、米国製オーク樽で15年以上熟成させたもの。
 
 また、別の長期熟成した泡盛とのブレンドにより、オークの香りと琥珀色に加え、柔らかい口当たりで甘みのある味に仕上がっている。

 甕で長期熟成したものとも全く異なる。

 製造開始した当時は商品にできずに、樽の中で長期間不動在庫になってしまった泡盛を利用した商品だそうだ。

 タイトルには「ウイスキーのような泡盛」と書いたが、実は酒税法により泡盛の色が定められており、琥珀色のようなものは「泡盛」と表記できない。

 そのため、この酒は正式にはリキュールとして売られているので、売り場でも泡盛の棚ではなく、ウイスキーや度数の高いリキュールなどの方で売られているので、ご注意を。

 度数は42%だが、色や香り、口当たりや甘味など良いとこ取りしたような深い味なので、お勧め。

 他でも売っていると思うが、私は小禄(おろく)のAEON那覇店内にある、酒の専門店で購入した。



 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。


   

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/07/02 19:45】 | これ知ってる?
トラックバック(0) |
 やっと今年最初の白花(沖縄のハイビスカス)が開いた。

  DSC01306.jpg

 もう今年も半分が過ぎたね。


 
 火風水の窯出しの報を聞いて、昨日友人と行ってきた。

   DSC01303.jpg

 友人は、前日の知らせを受けて翌日休みを取るほど待ちわびていたようで、向かう車の中でも落ち着かない様子。

 以前にも書いたが、県内で買うことができる数は少ないので、同様に窯出しを楽しみにしているファンも多く、友人の気持ちもよく解る。

 私たちが到着したオープン時刻を少し過ぎた頃には、既に2組が到着していて、1台はレンタカーだったから県外ファンかな?

 火風水さんの作風は、私には少しGirlyに感じられるので、いつもは見るだけなのだが、今回は黒い釉薬の浅鉢を購入した。

   DSC01304.jpg

 内側の底と裏の高台部分に施された青釉とのコントラストが美しい。

 沖縄のやちむんに黒釉を使った作風は少ないが、最近は以前より見掛ける機会が多くなった気がする。

 黒物が好きな私には嬉しい傾向だ。



 帰り道、欲しいものを手に入れて安堵した表情の友人と、県庁前のパレットでやっている、陶芸家の山田義力さんと紅型作家の金城宏次さんの「二人展」に寄った。

 二人展は毎年この頃にやっていて、会場でご両人と話すことができる。

 山田さんは、新しい造形と独特の釉薬で、他のやちむん作家とは一線を画す作風だ。

 ここでも黒釉の作品を見つけて、私は陶板を一枚。

   DSC01305.jpg

 市松模様の方が好みだったが、ヒビ入りのため非売品とのことで残念。

 山田さんに会うのは2、3年ぶりかな?

 私が昨年から浦添市民になっていることだけでなく、ウッカリ自宅で作陶していることまで喋ってしまって、「どういうものを作っているんですか?」なんて聞かれて、返事に困った。

 二人展は3日まで。

 最終日は17:00までなのでご注意を。



 その後、日中の晴天が一変して夕立に。

 夜に一度雨が上がって外出したら、普段はスーパーに買い物に出る程度でもにわか雨対策に閉めていく寝室の窓を全開のままにしてしまって、帰宅時には窓の反対側の壁まで届く降り込みよう。

 目を疑うような、ベッドのビチョビチョ加減に、久々に外で飲んだ酔いが一気に醒めた。

 濡れた半分を避けて縮こまって寝たけれど、蒸発熱のせいか、少し寒いくらいの涼しさで快眠できたのは、不幸中の幸いか。



 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。


   

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/06/30 19:00】 | 沖縄の手わざ
トラックバック(0) |
 今年一番という暑さが続く中、昨日の夕方は激しい雷雨があって、そのため年に2回しかない?沖縄でのプロ野球公式戦の初戦が中止になってしまったそうだ。

 セルラースタジアムって全天候型じゃないんだね。

 そのころ私は部屋の電気を消して、次々落ちる稲妻を眺めていたけど、いやいや凄かった。

 そのライオンズVSマリーンズ戦は今日も予定されているが、球団が小学生球児たちを観戦に招待したりして前々から話題になっていたし、県外からの観戦客も多いそうなので、今夜は無事にできるといいね。

 今のところ大丈夫そう。


 
 昨日は、東京に住んでいる沖縄出身の友人が帰省しているというので、家の近くのステイツサイドタウンで昼食をした。

 このブログでも、鶏ベースの沖縄そばを提供する「いしぐふー」やタイ料理、自家焙煎珈琲、老舗沖縄そば、天然酵母パンの店を紹介した、かつての外国人住宅群を改装した店が並び、チョッとした観光地でもある。

 平日の午後1時過ぎなのに、人通りは見えないながらも駐車スペースにぎっしり車が並んでいたから、一層来客は多くなったようだ。

 今回は、私も初めての「teianda(ティアンダ)」という、スパイシーカレーと琉球拉麺がウリの店。

 例の糖質制限ダイエットは目標値を達成したものの、少し欲張ってまだ続けている最中ではあるのだが、一区切りということでいいタイミングの外食。

 ここぞとばかり、何の躊躇もなく、人気メニューのチキンカレーのランチセットを注文。

 セットメニューのサラダと前菜の女子力の強さに戸惑いながら、店自慢の人参ドレッシングを堪能。

   DSC01301.jpg

 自家製ジンジャエールも辛口で美味。

 何せ、1か月半ぶりのまとまった外食と、2週間ぶりに人と話をしたことが重なったせいか、チョッと落ち着きに欠けたようで、肝心のチキンカレーを撮るのを忘れてしまった。

 ドライカレーくらい硬めのカレーソースはスパイスと甘みが効いて、付け合わせの鶏肉によく合う。

 外国人住宅の間取りをそのままに改装した明るい店内は、看板やミシン台で作ったテーブルなどのインテリアでも楽しませてくれる。

 

 食後に我が家に寄って、コーヒーのお供に用意した、宜野湾の「パティスリー・アッシュ・ユウジ」のケーキを堪能。

 国内パティシエコンテスト、「トップ・オブ・パティシエ」で、2011年のチョコレート部門で優勝したケーキがこれ。

 「ムース・ショコラ・オ・キャフェ」

  DSC01302.jpg

 各層のムースとクリーム、サクサクしたキャラメリゼ?の食感とコーヒーの香りとの交ざり合いが堪らない。

 それこそ1か月半ぶりのチョコレートの味に恍惚状態だった。

 私はチョコレートを発明した人を人類で一番敬愛しているので、美味しいチョコレートケーキは人間が成す至高の業。

 他にもイチゴとピスタッチオのクリームを合わせたものや、和栗のモンブランなども美味しそうだったが、それらはまたいずれ。

 次の目標値達成の際には独り占め。

 すぐリバウンドしそうだな。



 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。


  

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/06/28 18:20】 | カメーカメー沖縄の食
トラックバック(0) |