2016年の2月に東京から沖縄へ移住した。50を過ぎてからの大冒険。
      コンシンネ
 
 ドロセナ・コンシンネという観葉植物の名前にピンと来なくても、その姿を一度は見たことがあると思う。

 原産地はマダガスカル島だが、日本の市場に出回っているものには沖縄の農場で育てられたものも多い。


 その中で、国頭郡の比嘉勝夫さんが育てるドラセナ・コンシンネは、「龍」や「風車」という命名通りに、個性的な姿に作られている。


 「龍」は幹のうねりで龍が天に昇る様を表わし、「風車」は小さな風車が幾つも回っているようだ。


 今の部屋に引っ越してきたときに、ネットで見つけた上の画像の「龍」を購入した。


 注文したときに、東京の販売店の在庫が切れていたため、沖縄の農場で一ヶ月程成長させた後、直接我が家に送られたようだ。そのせいか、東京の、しかも私の部屋の環境に慣れるまでに随分酷使させてしまったように思う。

 一時は瀕死の状態だったが、夏の日差しと施肥でなんとか持ち直した。

 植物の生命力にはいつも驚かされる。


 環境の変化に敏感な植物は産地から直送するより、設置する地域の気候に一定期間慣らせた物を購入した方が良いと思う。

 恥ずかしながら。私は植物を育てるのがとても苦手。今まで沢山の鉢植えを他界させている。今のところガジュマルにだけは嫌われていないようだが。


 いつの日か沖縄へ移住できる時を迎えたら、このコンシンネもシーサーガジュマル達と一緒に里帰りさせてやりたいのだが。

 ん~、自信ない。けど愛情を持って育てます。

   DSCF0651 - コピー


*記事本文中の青太字はブログ内リンク



 【ランキング応援クリックお願いしまーす!!】
    
  
人気ブログランキングへ ←お陰さまで昨日こちらでは9位

  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村 ←お陰さまで昨日こちらでは5位

 いつも応援してくださって、有難うございます。






関連記事

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2013/11/14 11:21】 | 沖縄の手わざ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック