2016年の2月に東京から沖縄へ移住した。自宅で作陶しながら今後を模索中。
     牛乳パック


 沖縄産の牛乳パックの内容量は946mlなんだよね。

 ごまかしたり、セコくピン撥ねしているからではなく...


 これは進駐軍統治時代に、米国から輸入された製造設備の容量単位が米国基準のガロン(1ガロン=3,758ml)だった名残。

 946mlは1/4ガロン(クウォーターガロン)ということ。

 ちなみに、500ml相当のものは、1/8ガロンで473ml入り。


 牛乳パックを全国で最初に導入した沖縄の製造メーカーでは、近年になっても日本で一般的な1000ml、500mlの方に合わせるためにコストを掛けてまで設備を更新するに至っていないというのが、当時の容量が現在でも続いている理由とか。

 ホントにそれが理由なのかな?

 機械設備はそんなに長持ちするんですかね、償却済みでも部品調達や修理コストが相当掛かりそうだけど。
 
 ちなみに牛乳だけでなく、オレンジジュースやコーヒーなども1パックの容量は全部ガロンベース。

 その分の5%くらい値段が安ければ誰も文句言わないんだろうけどね。

 
 さて、ホントの理由は如何に?



 【ランキング応援クリックお願いしまーす!!】
    
  
人気ブログランキングへ ←昨日こちらでは9位

  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村 ←昨日こちらでは5位


関連記事

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2013/11/13 09:17】 | これ知ってる?
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック