FC2ブログ
2016年の2月に東京から沖縄へ移住しました。5年間読んでいただいて、有難うございました。
 今日の清明日和に皆さんお出掛けのようで、昼過ぎの駐車場には私の車しかなかった。



 明日は比嘉大吾選手の3度目の防衛戦。

 でも残念ながら体重オーバーで試合前に王座剥奪。

 本人が一番ショックだろうけど、それでもしっかりKOで勝って、連続KO試合の日本新記録を立ててほしいね。

 汗が一滴も出ないって、筋肉量の多そうな選手だし、今後の階級を決める良い経験にするのも良し。

 まだまだこれから。

 先日のインタビューで具志堅会長が、「負けたら2日後の県民栄誉賞授与は辞退します」と笑いを取っていたが、それ以前の問題だったというオチ。

 そう、17日に比嘉選手と具志堅会長に県民栄誉賞が贈られる。

 具志堅会長については、現役当時に授与していなかったの?という人が多いと思うが、当時は県民栄誉賞自体が無かったそうだ。 

 
 残念な話ついでに、家のテレビが昨晩急に映らなくなった。

 画像がブレて真っ黒。

 3年足らずで壊れるもんかね。

 もー、こっちも笑えない。



 車で走っていたら、道端に「てだ桑茶」ののぼりが並んでた。

 浦添市では古くから養蚕業が営まれており、市としても桑の葉や実を使った特産物の開発、販売を支援している。

 以前ここで紹介した、粉末状の桑の茶を混ぜ込んだ焼き菓子やプリン、桑の葉のお茶などもその商品群だ。

 緑茶とは異なる香りで、青臭さはなく普通に美味しいし、食物繊維や鉄分、カルシウムの摂取、食後の血糖値上昇によるインスリンの過剰分泌を抑える効果もあるそうだ。

   DSC01652.jpg

 お菓子類は菓子メーカーや飲食店が開発し、それぞれが製造販売しているのだが、お茶の製造元は「浦添市シルバー人材センター」。

 先日、このシルバー人材センターの取材番組を見た。

 桑の栽培は2010年から始めたそうで、育てて、摘んで、炒って、揉んで...重労働のように見えても、そこで働くオバぁとオジぃたちの生き生きとした働きっぷりといったらもう、「楽しくてしょうがない」と。

 自らを「島桑レディー」と呼んで笑う。

 一昨年から桑の葉茶だけでなく、桑の実を使ったリキュール、「沖縄ナンデンシー」を販売。
 
 桑の実の糖度は20度以上あって、ブドウやマンゴーを上回る甘さ。

 当時はすぐ売り切れて手に入りづらかったけど、今はどうかな?

 

 依然として麻疹の感染が止まらない。

 3次感染者を含めた43人の他、沖縄を訪れた名古屋からの観光客にも発症が確認され、とうとう県外へも。

 ワクチン接種の他、不要不急の外出を控えるなど、県民上げての感染拡大阻止が叫ばれている。



 料理レシピブログの方もよろしくお願いします! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。
     
      
          
関連記事

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報