2016年の2月に東京から沖縄へ移住しました。自宅で作陶しながら今後を模索中。
 今日の日中は随分と蒸し暑かったが、この時間にようやく涼しさが戻ってきた。


 今年は40年ぶりに琉球王朝王家である尚家の清明際が玉陵(たまうどぅん)で行われた。

 一般とは異なるしきたりや所作は長年かけて史料を基に研究、調査され再現されたものの、世界遺産であるため火は使えず、線香を焚いたりウチカビを燃やすことはできなかったそうだが、それでも念願の実現に23代目の現当主も満足のご様子。

 今後も毎年続けられるといいですね。
 
 この季節は「清明渋滞」が県内各地で起こるのも風物詩。

 沖縄自動車道(高速)の許田インターは週末に相当の混雑が予想されるので、来沖の方々はご注意を。



 この前の日曜日に終わった今回の沖展。

 出品作品を講評するような審美眼は持ち合わせないが、今回は単純に私の心に響くというか、私好みの作品が多かった。

 特に絵画は例年より抽象画が多くて、作品名を見ても何が描かれているのか難解なものでも、目に入る情報だけで面白くなってくるようなものがそこかしこに。

 マスキングテープだけで描かれた生き生きとした人物画や、絵画というよりもはやオブジェのように、絵具がキャンパスを飛び跳ねているように立体的に盛られたものや、金属や木材を貼り付けたもの、真ん中に鏡が埋め込まれて見る者の顔がそこに映るもの、キャンバスに描いた絵を別の絵が描かれた薄布でスッポリ覆っているものなど、表現の自由さに驚くばかり。

 でも、ちょっと気になるのは、毎回人の身長ほどもある大きな作品ばかりで、応募要項にはサイズの制限は無いのに、大きな作品ばかりが選ばれる傾向にあるなら残念。

 絵画の世界というのはそういうものではないだろう。


 今まであまり目立たなかった木工やガラスも、器や道具以外のインテリアやオブジェなどが異彩を放って、これまたその美しさやアイデアで見るものを楽しませてくれる。

 漆芸の重箱や組子の衝立など見事だった。

 私にとって肝心の陶芸の作品は、んー、まー、コメントは控えます。


 かのフェノロサが、「作者の意思が表現されているものは芸術だ」と言ったが、今回は「表現」というものを肌で感じた沖展だった。



 料理レシピブログの方もよろしくお願いします! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。
     
      
          
関連記事

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2018/04/11 18:11】 | 沖縄の手わざ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック