FC2ブログ
2016年の2月に東京から沖縄へ移住しました。5年間読んでいただいて、有難うございました。
 昨晩の日食は、沖縄は悪天候で見送り。

 真冬でも雷を伴う風雨ってあるんだね。

 沖縄では雷かと思ったら米軍のジェット機だったり、ジェット機かと思ったら雷だったり。



 内地は今夜からまた雪の予報だそうで、皆さんお大事に。



 もうすぐ史上最も寒い地域で開催されるオリンピックが始まるので、今回初めて冬の韓国を訪れるという方々に、ソウル在住経験者として、ご参考までに防寒と保湿対策について一言。

 沖縄とは関係のない記事になりますが、沖縄から行く方もいるかもしれないので、老婆心ながら。


 まず、天気予報の気温ですが、ソウル市内でも風は強くなくとも乾燥によって、体感温度は予報よりも5~10℃低くなります。

 防寒服としては、厚いセーターやフリースの上にダウンなどを重ね着することよりも、肌に一番近いインナーを汗の揮発性、体温の保温性が高いものにする方がより効果的です。

 開会式が行われる会場は海に近く、先日日本のテレビでも紹介されていましたが、スケソウダラを大陸側から吹く強く冷たい風によりフリーズドライ状態で作る干物が名物の地域で、最低気温はマイナス30℃以下がざらです(体感温度はさらに低い)。

 ましてや開会式会場には屋根がなく、待ち時間を含み席上で動けない状態が数時間に及びますので、雪山で遭難した状態と同じく低体温症にならないよう、注意が必須です。
 
 汗で体が濡れると危険ですので、インナーは高機能の冬登山用をお勧めします。

 ソウル市内ならユニクロの製品等でも有効だと思いますが、それでも手や顔がむき出しになっていると、耳などがしもやけになるのでご注意を。

 顔や頭を覆わずに夜外に出ると、5分もしないうちに、かき氷を一気に食べたようなキーンという痛みが眉間にきます。


 保湿については、大気も乾燥していますが、室内はもっと乾燥していて、湿度は10%台になります。

 宿泊する部屋に加湿器がある場合は、不在の最中でも運転しておき、、就寝前に水を一杯まで補充することが必要です。

 特にオンドルは24時間点けておくのが一般的で、エアコン以上に乾燥しますので要注意です。

 加湿器が無い場合は、保湿クリームなどを顔や体に塗り、濡れタオルを沢山干したり(1枚だと1時間くらいで乾いてしまいます)、浴槽や洗面台にお湯を張って、浴室のドアを開けておけば、少しは効果があります。

 何も対策をしないで一晩寝ると、翌朝には100%の確率で喉を傷めていますので、要注意です。

 韓国内では開会式のチケットの売り上げが芳しくなく、「寒さで死んだって、行く方が悪い」という、どこまで本気か分からない風評があるくらいですので、皆さまどうかお気をつけて。

 

 料理レシピブログの方もよろしくお願いします! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。
     
      
      
関連記事

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2018/02/01 19:43】 | これ知ってる?
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック