FC2ブログ
2016年の2月に東京から沖縄へ移住しました。5年間読んでいただいて、有難うございました。
 内地の雪の被害は想像以上ですね。

 お見舞い申し上げます。


 この季節の沖縄は湿度が50%台で、内地の倍程度あるのだが、それでも「乾燥」を感じる。

 インフルエンザはまだ警報が続いていて、昨年暮れから各地で火事が頻繁に発生している。

 沖縄の火災報知器設置率は全国最低の50%台で、ブービーの46位でも70%台だから、その差は尋常じゃない。

 ご存知のように、戦後の沖縄の家屋は台風や塩害への対策としてコンクリート造りが多く、「コンクリート作りの家は燃えにくい」という誤った認識が県民の間でまだ広く根強いということを、以前の地元ニュースで言っていた。

 消防法により平成18年以降の新築家屋には火災報知器の設置が義務付けられているが、マンションの寿命は40年以上が当たり前という沖縄においては、大規模な出費を渋る管理者も多いのだろうか。

 ところで、ウチの建物の火災報知器は熱探知だそうなのだが、煙探知じゃなくていいのかね?

 熱探知って、結構燃えてから反応しそう。

 今度聞いてみよ。

 皆様も、一層の火の用心を。



 先日のテレビで、沖縄の企業が鉄筋コンクリートの代替品として、HPCという建設資材を開発したという報道があった。

 HPCはハイブリッド・プレストレスト・コンクリートの略。

 鉄筋の代わりに炭素繊維の束を用い、コンクリートにも繊維(何の繊維かは言及が無かった)を混合し、強度を持たせるのと同時に破壊時の崩落を防ぐというもの。

 鉄筋の場合は表面から浸み込む水分や塩分が鉄筋に到達しないよう、コンクリート層に一定の厚みが必要だそうだが、HPCの場合はその必要がなく、同じ強度での薄さと軽量化を実現。

 また、混合する繊維量の調整により、しなる建材としても生産でき、用途が広がるということだ。

 まだコスト面などで課題はあるそうだが、既に台湾へ大口納入し、軍艦島の補強材としても検討されているそうだ。

 当然寿命や環境問題もクリアしているだろうから、これから需要が広がるとイイね。



 料理レシピブログの方もよろしくお願いします! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。
     
      
      
関連記事

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報