2016年の2月に東京から沖縄へ移住しました。自宅で作陶しながら今後を模索中。
 一昨日の土曜日から、琉神マブヤーの新シリーズが始まった。

 残念ながら、私が好きなハブクラーゲンはマジムン軍団を退団してしまったようだ。

 与那嶺圭一さんサイコーだったのに。



 先日、素敵な家族にお会いした。

 現在、壺屋の焼物博物館の企画展で、「やちむん家 親子孫三代展」をやっている。

  DSC01513.jpg

 やちむん家(やー)は、読谷に工房、壺屋に販売店があるシーサーや龍を中心とした窯元で、今年で設立から33年を迎える。

 家族で作る焼き物だから「やちむん家」。

 その名の通り、今月で御年89歳の新垣栄得さんと奥さんのキクさん、長男の栄一さんと奥さんの雅子さん、長女の文子さんと次女の幸子さん、そして三男光雄さんとその息子優人くん、全員が現役で作陶している。

 面白いのは、窯元として皆が同じものを作っているのではなく、各自が異なる作風で作っている陶芸家集団のようだ。

 県外ではその名前や作品を知っている人はそう多くないだろうが、一昨年末に京都清水寺の西門に奉納された、高さが2mはあろうという「祥雲青龍」は光雄さんの作品だ。

 ちなみに命名は、あの「今年の漢字」の森清貫主。

 
 企画展の会場では、光男さんと優人くん、幸子さんの三人が展示作品の案内の他、作陶の実演もやっていた。

 私が一つの作品に見入っていると、後ろから声を掛けてきたのが、それを作ったという優人くん。

 聞けば、学生時代から作陶を初めてまだ一年半だというのに、この完成度はどうだろう。

   DSC01514.jpg

 技術だけではない「表現」と華のある作品が引き付ける。

 就職活動を考えていた頃が、まさにお父さんが前述の祥雲青龍を作っていた最中で、その姿や作品を見てこの道に入ろうと決めたそうだ。

 今これ程なら、10年後、20年後の作品も見てみたいですな。

 
 いつの間にか、お三人との立ち話になって、使用している粘土や釉薬のこと、素焼きはせずに施釉して焼いているとか、興味深い話を聞かせていただいた。
 
 話の中で時々家族の名前や話題が出ると、そのたびにお三人の顔がほころんでいるように見えた。

 きっと素敵な家族、家庭なんでしょうな。

 この世に、良い気や悪い気、澄んだ気と澱んだ気があるならば、その澄んだ良い気を浴びているような、話していると、こちらまで幸せな気分になってくるような方たちだった。

 
 話は戻るが、光雄さんの作品には躍動感と迫力が漲っているが、おじぃの栄得さんの作品は、装飾を省いた堂々とした姿形による表現で、まさにいぶし銀。

 その名の通り、「威風堂々」という獅子の作品も今回展示されている。


 今回の企画展は、壺屋焼物博物館で今月15日(日)まで。

 「やちむん家」の販売店舗はやちむん通りの出口(ひめゆり通り側)に近いところにある。

 次女の幸子さんが、そこで30年以上店番をやっているそうだ。


 我が家のシーサーはもう数も分からないし、置き場もないので増やさないようにしてきたが、そのうち一つ増えそうな気がする。



 料理レシピブログの方もよろしくお願いします! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。
     
      
 
関連記事

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/10/06 19:37】 | 沖縄の手わざ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック