2016年の2月に東京から沖縄へ移住した。自宅で作陶しながら今後を模索中。
 全国的に真夏日&熱帯夜が続いているそうだが、沖縄も寝苦しい。

 夜間の外気温は27℃くらいでも、日中に外壁が蓄えた放射熱で、室内温度は30℃を優に超えている。

 熱中症発生の割合は、日中と夜間で同じだそうだ。

 私は沖縄の海風を頼りに窓を開けて寝ているが、今朝のテレビで、エアコンをつけっぱなしで寝るのがベストらしい。

 ただ、タオルケットではなく、布団をかけて頭と腕だけ出し、足は布団の中。

 タイマーを使わず、朝まで一定の温度を保つこと。

 喉は乾燥するので対策は必要。

 扇風機は冷気の循環に使い、風を体に当てない。首振りさせてもダメ。

 上記の態勢で快適に眠れる室温を保つこと、自分に最適の温度設定がカギとのこと。

 最適温度は男女や個人で差があるので、ご夫婦などはその調整が難しそうだ。

 医者や専門家が言うことなんざ、時代や人によって180度異なることもあるので、話半分くらいに聞く方が良いかもしれないが、ご参考まで。

 

 書くタイミングを逸していしまったが、一昨日まで県庁前RYUBOの美術サロンで、琉球ガラスの展示会をやっていた。

 「沖縄で生きる3人の若手ガラス職人と土田康彦展」

   DSC01333.jpg

 琉球ガラスというと頭に浮かぶ一定のイメージがあるだろうが、それとは大分異なる見事なガラスの工芸品だった。

 糸満にある琉球ガラス村の3人の若手職人が、ヴェネチアガラスに触発されて技術を磨き、その技をふんだんに取り込んだ作風が際立って美しい。

   DSC01331.jpg
   
 大きい作品の価格は6桁当たり前な感じだったが、3人の他にヴェネツィアで学んだ土田康彦という作家の作品は国産高級車が買えるくらい。 

 それは、縦横30cm、奥行き10cmくらいの四角い透明ガラスの塊の中に、赤や黒の幾何学模様の色ガラスが取り込まれている。

 シンプルに見えるが、どうやって作るのか見当もつかず、引き込まれるように見入ってしまう。


 オブジェ以外にも、この展示会用に作られた新作の器類もあって、私は森上真さんという職人の作品の中から、ぐい飲みを一つ。

 薄いガラスの表面に白いガラス粉をまぶし、さらにサンドブラストで艶を消した作風。

   DSC01332.jpg

 こちらの値段は4桁前半。  
 
 今回の展示作品は琉球ガラス村のギャラリーでも常時展示販売しているそうなので、琉球ガラスの高度な技も見てください。



 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。


   
関連記事

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/07/12 18:12】 | 沖縄の手わざ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック