2016年の2月に東京から沖縄へ移住した。自宅で作陶しながら今後を模索中。
 沖縄県警は昨日北九州へ特別救助班を支援した。

 お見舞い申し上げます。


 震度3くらいの地震はよく発生する沖縄だが、もし5mの津波が発生したら、那覇市だけで千人単位の死者が出るといわれる。

 海抜が低い地域が多い沖縄では、台風や津波発生時の高台への避難誘導策として、各自治体により、国道沿いなどに海抜を表示した標識が設けられている。

 発生時のみならず、日ごろから自分らの居住区の海抜を認識してもらうのが目的で、銀行の店舗内でも、中央の柱など目立つところにデカデカと表示されている。

 今回の北九州の件を機に、全国各地におけるハザードマップの有無やその完成度が問われているが、沖縄県が作っている超分かりずらい海抜高度マップなんて何の役にも立ちそうにないので、こうした自治体の対応や、各市がHP上で公開している防災マップは有効かと。

 でも、PCやプリンターを持たない家庭も多いだろうから、願わくば市から配られる「便利帳」に載せるか、ハードコピーを各家庭に配布してもらいたいものだ。

 ただ、災害は津波だけではないので、浸水から逃れて高台や山地へ移動したら土砂崩れの被害にあった、なんてことが無いよう、地盤や地質など、種々リスクを年寄りにも解りやすく示したマップが必要。
 
 
 話は違うが、この建物の非常ベルが昨年から誤報を連発していて、今年は6月に入ってから4回。
 
 管理会社の判断で、先日故障が疑われるセンサーを取り替えていたが効果無く、一昨日も0時頃に鳴り響いた。

 こうなると、もう非常ベルが鳴っても、入居者だけでなく裏の中学校や近隣の住民も、誰も非難しないし、自分の部屋の外を確認する人すらいない。

 「また鳴ってる」って感じで、警備会社がやってくるまでの20~40分の間ベルを聞いてるだけ。

 警報や避難場所があっても、非難しなきゃ意味がない。

 これって誰が責任もって対処するべきこと?

 あの頼りない管理会社?

 ワジワジする。



 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。


   
関連記事

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/07/09 19:02】 | これ知ってる?
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック