2016年の2月に東京から沖縄へ移住した。自宅で作陶しながら今後を模索中。
   DSCF0584.jpg DSCF0585.jpg
 
 居酒屋の紹介二軒目は、国際通りの久茂地側裏通りにある「古都里」。

 カウンターの上に惣菜の大皿が並ぶ、沖縄家庭料理の店だ。

    DSCF0588.jpg

 この大皿料理だけでも満足できそうだが、メニューには串焼きや刺身、揚げ物、煮物など他のメニューも豊富。

 働いているのは、おばぁと呼ぶにはまだ若い女性達。プロには失礼な表現ではあるが、彼女達が交わす言葉の日常的な響きからか、自然な動きからか、家庭の台所のような雰囲気の厨房だ。

 大皿のお惣菜は、料理上手のお母さんが手作りしましたという感じで、何かが多かったり少なかったりしない、丁度良い味バランスが良い。
 DSCF0587.jpg DSCF0589.jpg DSCF0591.jpg

 「麩チャンプルーのオムレツ風」は普通は麩にだけ絡める卵でチャンプルー全体を玉子焼きにした上に、溶かしたチーズを乗せている。
   DSCF0586.jpg

 ここのモズクの天麩羅も私好みのモズクオンリータイプ。モッチリ感がタマラない。
   DSCF0592.jpg
  
 一緒に行った地元の友人が、サッと火を通した島タコの切り身を、醤油にコーレーグースーを加えたものにつけて食べていた。沖縄では刺身をポン酢で食べるは一般的だけれど、この組み合わせは試したことがない。

 タコだから合うのか、他の刺身にも合うのか分からないけれど、美味しかった。
     DSCF0590.jpg

 これはただの好みの問題なのだが、テビチの塩焼きは、皮のカリカリ感と身のプルプル感の量的バランスが大事で、一切れを大きくすると、その分モチモチ感の方が強調される。私としては、カリカリ感が強調されている小さ目の方が好きなので、その点では、先日紹介した一軒目の「わたんじ」の塩焼きの方がバランス的に美味しかった。ホントに好みの問題だけなんだけど。
  DSCF0594.jpg


 何度でも食べたくなるような、飽きない家庭料理を出してくれるアンマー(お母さん)の店だ。

 ここも人気店なので、開店し立ての時間帯行くか(どこでも18~21時が一番混む)、予約するのをお勧め。


*記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク


ランキング応援クリックお願いしまーす!!
    ↓
 
人気ブログランキングへ

 にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村


関連記事

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2013/11/05 10:18】 | カメーカメー沖縄の食
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック