2016年の2月に東京から沖縄へ移住した。自宅で作陶しながら今後を模索中。
 沖縄は高温注意情報が発表されていて、寝ている間の熱中症にも要注意とのこと。

 
 
 将棋の藤井四段の連勝は止まってしまったが、巷ではついこの前の「空前の卓球ブーム」に続いて、「空前の将棋ブーム」だそうだ。

 私はルールすらちょっと怪しいくらい将棋とは無縁だが、藤井さんは応援している。

 先日の対戦の際、投了する前に上着を着て身を正してから、「負けました」と頭を下げる、あの人柄が好きだ。

 テレビなどで、「14歳とは思えない」とか「中学生なのに」などとコメントする人がいたが、歳は関係ないと思うよ。

 挨拶しないやつは幾つになってもできないし、そういう奴は「有難う」や「ご免なさい」も言えないものだ。

 
 藤井さんグッズも人気だが、幼少期に玩具として遊んでいたという、木製ブロックのパズルも入荷待ち状態だとか。

 我が子の可能性を広げるために、親が考えることはいつの時代でも皆同じようだ。

 私の母もそういうものは真っ先に買い与えるような親だった。

 ピアノ、水泳、絵画など、私が望むことを次々やらせてくれたけれど、私にはその頃から努力や忍耐という文字が無く、どれもかじっただけで止めてしまった。

 母としては、私が自分に合うものに出会うまでは仕方ないと思っていたようだが、結局何も身に付かなかった状況を見て、私が泣いても、引きずってでも続けさせるべきだったと後悔していた。

 
 思い返せば、そういう母はというと、私の記憶にあるだけでも、華道や茶道、ママさんバレーに続き、鎌倉彫りや陶芸など、私が小学校5年生の春に転居するまで、いろんなことをやっていたね。

 努力家の母は、それぞれそれなりにものにしていたように思う。

 ちなみに、その努力する遺伝子を受け継いだのは兄の方。

 
 そんな母が亡くなって4年半以上経つが、当時実家を片付けたときに出てきた昔の母の陶芸作品の中で、正直言って不細工だけど、大きさが丁度いいので仏前の線香立てに使ってきた小さな器がある。

  沖縄は風が強いので灰が舞うことがあり、最近深さのあるものを自分で作って取り替えたのだが、今まで使っていたのを洗う際に、裏にひっくり返して驚いた。

 今まで気が付かなかったけれど、裏面に私の署名が。

   DSC01308.jpg

 そういえば、確かに、母が自宅で作陶している脇で余った土で作った覚えがある。

 図らずも、40年以上前に作ったものと、この歳で作ったものが並んでいたことに苦笑い。

   DSC01311.jpg

 小学生の頃の指のあと。

 昔の方が上手かった気さえする。

 

 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。


   
関連記事

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/07/04 20:49】 | ちょっと独り言
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック