2016年の2月に東京から沖縄へ移住した。自宅で作陶しながら今後を模索中。
 東京で桜が咲き始めたと聞いたと思ったら、今朝の千葉は吹雪だったんですな。

 沖縄はまだ冷たい風が吹いて、例年よりゆっくりと春に近づいている感じ。


 
 稀勢の里関、優勝おめでとうございます。

 ケガをした時は、横綱の責任とか周りの期待とかは置いといて、先のことを考えて無理せず休んで欲しいと思ったが、そういうのは私のような凡人が考えることで、ことを成す方々の思考ではないんですな。

 それはそうでも、全治3か月のケガなのだから、大事にしていただきたいと思う。

 ご本人は、「放っときゃ治ります」と言っていたが。

 若貴の後、八百長だの朝青龍の言動だので全く見なくなった大相撲だが、新横綱の雄姿に心打たれた千秋楽だった。



 週末の地元番組で、沖縄県と中国の福建省との600年に渡る繋がりの話をやっていた。

 琉球が一つの王朝に統一される前から、冊封体制の下で当時の明朝と直接の交易があり、新らしい琉球王が即位するたびに、その承認と式典参列のために来訪した、冊封使という明朝の使者のほとんどは福建省出身者だったそうだ。

 他にも私は全く知らなかったことが並んで、へー、ほー、ホントに?の連続。


 話は逸れるが、琉球王国は中国に服従する属国だったと思っている人が多いようだが、全然違う。

 冊封体制とは、形式的には主従関係ではあるものの、いわば不可侵条約みたいなもので、既に経済的にも軍事的、文化的にも強大だった明は領土を拡大する気は無かったろうし、諸外国から攻められても打ち負かす自信もあったろうから、不要な争いを避け、好意を示せば好意で返すという、理想的で合理的な外交手段だったのだと思う。

 今の中国政府に少しは見習ってもらいたいものだが...

 民間の交易は許されず、明朝に貢物を献上すれば、それ以上のお返しがあるその制度により、琉球王国は独立王国として、経済だけでなく、明から招いた知識人や技術者により文化レベルも高かったことは史実の通り。

 中国に残っている文献によれば、当時の彼らも琉球に好意的であったことが分かるし、とりわけ福建省ではそれが現代にも引き継がれているようだ。


 番組では、中国でエイサーに出会った福建省の学生が沖縄へ留学し、エイサーを一緒に学ぶ友人の県の学生と共に、2人で福建省を訪れていた。

 1997年の沖縄県と福建省の友好省県締結を機に、福建省在住の沖縄県民らが省内5つの大学にエイサーの太鼓などを寄贈したそうだ。

 その後、ネットなどにより学生の間でエイサーへの関心が高まり、かつて寄贈された道具を使って、今ではエイサーコンテストが毎年催されるまでになっているそうだ。

 パッと見、参加者は女性の方が多いように見えたけど、気のせいかな。

 
 福建省の文化は当時の琉球の庶民にも親しまれていたようで、沖縄の三線の原型は同省から伝わったとされ、さんぴん茶(ジャスミン茶)は中国語のシャンピェンチャーから来ていたり、道の突き当りに魔除けとして置く石敢當や、先祖があの世で使うウチカビという紙のお金を仏前で燃やす風習などは現在でも福建省の生活に見られる光景だ。

 また、同省から伝わったであろう言葉も多いようだ。

 左側が福建省の言葉、右側が沖縄の言葉。

  猫: マヤン→マヤー、

  豚: ワワ→ワー、

  魚: イユ→イユ、

  素麺: ソーミン→ソーミン 等々。

   
  「私たちはインターネットで読んだ情報だけで、相手を知ったような気になっている。

  実際に自分で行ってみれば、人も国も既知のものと全然違うことに気が付くのに。

  私たちは、お互いに相手のことを知らずに、理解できていない。

  将来は旅行会社で、双方の理解を促す仕事をしたい。」

 番組の最後に、福建省出身の二十歳の若者が語った言葉だ。

 

 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。


   
関連記事

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/03/27 10:15】 | これ知ってる?
トラックバック(0) |

勉強になりました☆
とも
はじめまして🎵
沖縄が大好きでいつも拝見させていただいてます🎵
今の沖縄☆昔の沖縄☆の情報が見れて疲れた時に癒されてます☺✨
沖縄が知れる事が嬉しくて☆
ありがとうございます(o^-^o)

今回の中国と沖縄も勉強になりました。
少し自分でも調べてみたいと思いました。



直人
いつもご覧いただいて、有難うございます。

自然や先祖と生きる沖縄の姿と工芸を広く紹介したくて始めたブログが、最近はただの日記のようになっていますが、何かのお役に立てれば幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
勉強になりました☆
はじめまして🎵
沖縄が大好きでいつも拝見させていただいてます🎵
今の沖縄☆昔の沖縄☆の情報が見れて疲れた時に癒されてます☺✨
沖縄が知れる事が嬉しくて☆
ありがとうございます(o^-^o)

今回の中国と沖縄も勉強になりました。
少し自分でも調べてみたいと思いました。
2017/03/29(Wed) 13:40 | URL  | とも #-[ 編集]
いつもご覧いただいて、有難うございます。

自然や先祖と生きる沖縄の姿と工芸を広く紹介したくて始めたブログが、最近はただの日記のようになっていますが、何かのお役に立てれば幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。

2017/03/29(Wed) 18:56 | URL  | 直人 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック