2016年の2月に東京から沖縄へ移住した。50を過ぎてからの大冒険。
 真冬の寒さというけれど、風は少し春めいて優しく、耳が痛くなるような冷え込みはない。


 店頭にはアーサやモズクの新物が並ぶようになった。

 モズクの新物を食べるのは初めてだったのだが、コリコリした歯ごたえと、海藻特有の粘りと香りが際立って、冷凍ものとは随分と違う。

 軽く洗って、そのまま海水の塩気だけで食べるのも美味しい。

 モズクとは本来こういう味なんですな。



 先日、友人と東村のツツジ祭りに行ってきた。

 行き掛けに遠回りして、以前の記事で紹介した、「道の駅おおぎみ」の新蕎麦を食べてきた。

 目立たな過ぎて素通りしてしまう人も多いと思わせる入り口を上がると、2階にはオーシャンビューの店内が広がっている。

   DSC01133.jpg DSC01131.jpg

 日本蕎麦と沖縄そばの店、その名も 「美ゅうびゅう」だ。

 かけ蕎麦の大盛りが1,250円とチョッと高めだが、地元大宜味村で収穫した新蕎麦粉で打った十割蕎麦がいただける。

   DSC01132.jpg

 一般的な十割蕎麦のザクザクとした歯ごたえやゴワッとした口当たりが無く、私好みの滑らかな食感だった。

 そして、私は濃い口の蕎麦つゆが好みなので、コクのあるかえしと香りの良い出汁で作られたこの店の蕎麦つゆは、とても気に入った。

 シッカリした味の蕎麦つゆは、蕎麦湯で薄めても味が壊れず、出汁の香りが一層引き立って美味しい。


 ちなみに、この道の駅の裏側には親川滝(ウエーガーダキ)という、大宜味村の癒し観光スポットの一つがある。

 現在表通りからは(工事中で?)立ち入り禁止になっているのだが、この蕎麦屋の入り口を上がると店のバルコニーがあり、そこからは滝を間近に見ることができる、チョッとした穴場。


 
 東村(ひがしそん)では、毎年この時期にツツジ祭りをやっているが、今年は所々咲いているものの、まだ開いていないつぼみの方が多かった。

  DSC01142.jpg DSC01144.jpg
 
 入場料は350円なのだが、「残念ながらまだ満開とは言えないので、後日また足を運んでください」という主旨が書かれた、次回入場無料券を配っていた。

 沖縄らしいね。

 当日は曇り空だったが、晴天なら高台から海とツツジが一望できて、さぞや綺麗だろうなという大きな公園だ。

  DSC01148.jpg DSC01137.jpg

 今週末もしくは来週半ばあたりが見頃だろうか。

 エイサーの演舞や出店が並ぶツツジ祭りは20日まで、花見期間は26日までだ。

 

 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。


         
関連記事

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/03/07 16:20】 | 沖縄の四季
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック