2016年の2月に東京から沖縄へ移住した。自宅で作陶しながら今後を模索中。
 今日は今季一番の冷え込みだそうで、朝から冷たい風が耳をチクチク。

 若い人たちは、公園のベンチに長々と座り込んで、ブーツやファーの襟巻き、ダウンなどを着られる季節を喜んでいるように見える。

 まっこと、ファッションは我慢ですな。 



 県庁前のRYUBOで、「福島の物産と観光展」をやっていて、今日が最終日。

 日本酒とお米を目的に、行ってきた。

 週末ほどではないと言っていたが、会場は大層な賑わいで、テレビで紹介されていた「粟まんじゅう」は長蛇の列で、断念。

 喜多方ラーメンを食べるブースも、これまた長蛇の列だった。

 東京などに居ると有難味が薄くなってしまうが、こうして時折、特定の地域にスポットを当てた催しは、非日常の食や工芸の文化を意識できて、楽しい。

 来月は同じくRYUBOで、京都の物産展が予定されているそうだ。

 季節としては漬物が美味しそうだな。



 RYUBOへ行く前に、前々から行きたかった沖縄の味噌を使った定食屋で昼食を取った。

 県庁裏にある、「味噌めしや まるたま」。

   DSC01076.jpg

 琉球王家ご用達であった、首里にある「玉那覇味噌醤油」で作られている味噌を使った料理が食べられる。

 店主の母親の実家が、その玉那覇味噌醤油とのことで、以前に参加した「まちまーい」の首里界隈のコースにも入っていた。

 
 ランチメニューはいくつかあったが、やはり最初は「味噌汁定食」。

   DSC01075.jpg

 大きなマカイに盛られた味噌汁は、野菜や肉がてんこ盛りの、いわゆる沖縄の「味噌汁」ではなく、塩分が控えめで、コクがあってほんのり甘い味噌汁に、しめじや豆腐、煮込んだ三枚肉などの具が控えめに入っている。

 周りが少し白く固まった生卵も入っているので、それを軽く崩して、蓮華でご飯を取り、そのまま卵を目掛けて味噌汁に浸すと、ミニ猫まんまの出来上がり。

 子供の頃に、行儀が悪いと親に止められて以来、ほぼ半世紀振りの至福の時間だった。

 この他にも、味噌ダレの豚の生姜焼きとか、サバ味噌の定食もある。

 朝は7時半から開いているので、出勤前の朝ご飯にも人気があるそうだ。

 店内で玉那覇味噌の商品も売られているので、今家にある味噌を使い切る頃にまた食べに行こう。

 

 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。


     
関連記事

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/01/23 17:40】 | カメーカメー沖縄の食
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック