2016年の2月に東京から沖縄へ移住した。自宅で作陶しながら今後を模索中。
 予報では冷え込むと言っていたけれど、日中は半袖で過ごした今日。

 来週はまた一瞬夏日が戻るとか。

 

 日本酒の味の違いが分らないと言いながら、それでも味は好き。
 
 私の場合、蒸留酒より醸造酒の方が少量で酔える。

 那覇に日本酒の専門店があるのを聞いて、行ってきた。

 久茂地の中村商店。

   DSC01018.jpg

 国際通りの裏通りには飲食店が多いが、こういう店や骨董品店、茶道具の専門店などもあって、結構面白い。 

 
 店内には冷蔵庫が所狭しと並んでいて、全国各地の日本酒がズラリ。

 輸送コストの分だけ高いかと思いきや、同じものならスーパーで買うよりも安い。

 
 店主に選んでもらう前に、辛口、甘口、フルーティー香、酸味、吟醸、山廃仕込み、純米、醸造アルコール添加等々、整理できていなかった味のキーワードを順番に聞いて、その特徴や違いについて教えてもらった。

 私の周囲には日本酒好きが多いのだが、色々聞いても皆さん主観的な表現なので、イマイチ理解できなかったのだが、店主はさすがにプロらしく、体系的かつ簡単に説明してくれたので、まだボンヤリだけど味の違いに対するイメージを持てた。

 この日選んでもらったのは、同じ蔵元が同じ米で作った、フルーティーな香りがする中辛口の純米吟醸酒と、醸造アルコール添加の辛口山廃仕込み酒の2本。

 帰宅後に、並べて飲み比べながら、店主の説明を咀嚼してみると、その違いがよく分る。

 やっと、「辛口」の意味を理解できた。

 長かった。


 日本酒は一度に飲める量に限りがあるので、そこそこで止めたが、酔った勢いでヤフオクのウォッチリストに入れていたものを、一桁打ち間違えて落札してしまった。

 やっちゃった。

 この話は、サラッと流して忘れましょ。



 中村商店の帰り道、近くにある昭和50年創業の日本蕎麦屋、「美濃作」に寄った。

   DSC01017.jpg

 そこの名物は、「月桃蕎麦」。

 月桃の葉が蕎麦素地に練り込まれているのだが、あの独特の香りは殆どせず、喉越しがツルッとしていて食感が良い。

   DSC01016.jpg

 月桃の効能をいただくものなのかな。

 いずれにしても、蕎麦つゆが私好みの濃い味で、実に美味しい。


 別の日に、もり蕎麦も食べたのだが、こちらは蕎麦粉が多いのか、月桃蕎麦と同じ細打ち麺の割に少しゴワゴワした食感。

 十割蕎麦の食感が好きな人には堪らないだろうが、私はもう少しツルッとした食感の方が好き。

 日本酒も飲めるで、一杯やりながら蕎麦をすすりたい方にはお勧めです。

 

 今日はクリスマスイブ。

 ローストチキンとワインの代わりに、私は焼き鳥と日本酒で一杯。

 メリークリスマス!!



 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す!
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援クリックお願いしまーす!!】
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。


       
関連記事

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2016/12/24 19:26】 | カメーカメー沖縄の食
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック