2016年の2月に東京から沖縄へ移住した。自宅で作陶しながら今後を模索中。
 「浮島通り」という道がある。

 壺屋焼物博物館の辺りから国際通りの県庁寄りのところまで、斜めに抜けられる便利な裏道だ。

 歩道の幅は狭く、人通りも少ないが、カフェや飲み屋の他に、ギャラリーや工芸品店、服屋や小物屋などが点々と並んでいる発展途上の街並みだ。

DSCF0575.jpg DSCF0286.jpg DSCF0287.jpg DSCF0288.jpg DSCF0292.jpg

 地元の人の話では、国際通りを挟んで、この浮島通りから続くように始まる「ニューパラダイス通り」も似た趣向の通りで、一連のイマドキストリートとして知られているそうだ。でも、若い世代だけを対象にした通りではないので、我々の眼と舌も楽しませてくれる。

 先日紹介したカフェ&バーの「浮島ガーデン」や工芸品店&ギャラリーの「GARB DOMINGO」も浮島通りの路面店だ。
    DSCF0386.jpg DSCF0469.jpg

 まだ数件しか覗いたことがないけれど、これからも新しい店が少しずつ出てきて、那覇の中心地に趣のある通りを作ってもらいたいという期待を込めて、この発展途上の二つの通りを応援していきたい。

 次回はニューパラダイス通りも歩いてみる。


 今回は、燻製を中心に販売している「ぴにおん」を紹介。

DSCF0291.jpg DSCF0403.jpg DSCF0404.jpg

 店舗の位置は国際通りからちょっと入ったところなので、国際通りを歩く途中に立ち寄れる場所だ。

 石垣に本店があり、店構えはとても現代風で高級感すらある。鯖やサーモンなどの他に、鴨、カラスミ、タン、レバー、生ハム等々等々等々、沢山の種類の燻製の他、オリジナルの味噌やドレッシングなどの調味料も豊富だ。

 特別安い物ではないけれど、その分味は良い。

 私のお気に入りは、鴨の燻製とアグー生ハム。それとニンニクや生姜、ゴマなどが入った自家製の「くうすみそ」だ。


 全部かは聞いたことは無いが、試食もできる。どれも美味しそうなので、好奇心を満たすには切りがないが、ホドホドに。

 店内でよく聞こえてくる客の言葉は、「お酒飲みたくなりますね」。

 そりゃそうだ。

 沖縄の新しい味を、是非試してもらいたい。


  ぴにおん ダイレクトショップ那覇
  住所:那覇市松尾2
   電話:098-866-4577
   営業時間:10:00~21:00


関連記事

FC2blog テーマ:沖縄旅行 - ジャンル:旅行

【2013/10/22 09:23】 | ハマる処アガる処
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック