2016年の2月に東京から沖縄へ移住した。50を過ぎてからの大冒険。
 旧盆は昨日で終わったが、この三日間は夜な夜な何処からともなくエイサーの音が聞こえてきて、部屋の照明を落として耳をすませると、先祖の霊への畏敬とは別に、この行事も人々の結び付きや助け合いがあって初めて成り立つもので、それが日々を生きる力、将来へ向かう力に繋がっていくのだろうと、しみじみ思う。

 大勢の人が集まると、当然気に入らないことや異なる見方や判断をする人とも肩を並べるわけで、それでもその中で寄り添いながらやり遂げることの大切さ、それを後押しする人々の心の強さを感じずにはいられない。

 私は、先祖の霊を迎える初日のウンケーに、友人が作ってくれた(有り難いことです)ウンケージューシーを両親の仏前に供えて、三日間線香をあげたくらいだが、それでもこうして、人々の営みや先祖を意識しながら盆を過ごしたことはなかったので、心が洗われたような非日常的で不思議な感じだった。


 中日のナカヌヒーが二日間ある地域では今日が霊をお送りする最終日、ウークイだ。

 そのためか、今夜も遠くからエイサーが聞こえていた。

 話は飛ぶが、太鼓の音といえば、その音に心を動かされる祭りがもう一つあって、それは津軽のねぶた祭りの太鼓だ。

 「どんー、どどん」というゆっくりとした調子で、ズッシリと深く大きく鳴り響く大太鼓の音に乗って、荘厳でかつ繊細優美なねぶたが半回転しながら滑るように迫ってくる様は、直に見たことは無いものの、その迫力に圧倒される。

 津軽という厳しい厳しい自然を思うと、その中で生まれ育った人たちの、互いへの賛美と力強さが太鼓の音となって聞えてくるようだ。
 

 今週末は、毎年旧盆後最初の週末に行われる全島エイサー祭りが沖縄市で催される。

 まだまだ沖縄の熱い夏は終わらないけれど、この旧盆の終わりを境に、この島の時間は秋に向かって静かに流れていく。

 

 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す!
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援クリックお願いしまーす!!】
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。


  
関連記事

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2016/08/18 22:46】 | 沖縄の四季
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック