2016年の2月に東京から沖縄へ移住した。自宅で作陶しながら今後を模索中。
 先週は来客が続いたので、久しぶりに台所に立つ時間が長かった。

 近所のスーパーへ食材の買い出しに行くと、野菜が高いなと改めて思う。概ね東京の倍くらい。

 きゅうりや長ネギは一本100円が相場で、今までで一番驚いたのが菜の花の一束450円。

 県産のものなら何でも安いかというとそうではなく、希少性によりかえって高くなるのだろうか。

 スーパーではそんな値段だが、県産品は公設市場や道の駅などに行くと、肉でも野菜でも魚でも新鮮なものがずっと安く手に入るから、そういう所をもっと頻繁に利用したいものだ。



 今回そんな訳でオーブンレンジをいつも以上に使ったのだが、私のはPanasonicのBistro。

 ここへの引っ越しを機に新調した。

 そう何度も使っていないのに、いつの間にか扉の二重ガラスの内側が白く曇っている。

 蒸気ではなく、油膜のようなもの。

 一拭きすれば一掃できそうだが分解できず、説明書でも触れていない。

 カスタマーセンターに問い合わせたら、結論をいうと「そういうもの」だそうだ。


 オーブンで焼いているものの状態が見えにくくても製品として問題ないということだ。

 松下はこんなもんを正常として売っているのかと耳を疑ったが、頭にくるというより、悲しかったね。

 昭和家電の三種の神器の頃から、母が松下電器の製品に絶対の信頼を寄せていて、他社品より値段が高くても、その信頼に応えて損はしないと言っていたし、私もそう思っていた。

 松下幸之助氏の「物を作る前に人を作る」は日本の物づくりの原点だし、日本製品が世界の頂点に立った所以だ。

 同社が以前の利益急落時に、真っ先に技術者の首を切ったことからして、もうかつての松下ではないことが露呈したが、(余談だが)あの時は中国、韓国の企業が短期契約で技術者をこぞって雇い入れ、国産技術の流出甚だしく、国賊行為だと思ったね。

 古い技術だから問題ない、なんてのは官僚的な経営者の視野の狭い発想だ。

 
 私はカスタマーセンターに電話してもクレームはせずに解決策を質問するだけなのだが、随分前に、「規格内ですから問題ありません」と言い放ったった会社を思い出した。

 SONY。

 学習能力のない奴は、まず事実を認めない。できない、やらなくてもいい理由を探してくるから反省しない。だから同じことを繰り返すだけで、改善しない。

 そもそも直す気がないから、学習する気もない。

 そういう会社は例外なく同じ道をたどる。

 その数年後にSONYは赤字転落してた。


 オーブンの話から飛び過ぎたけれど、お客に作った折角の力作を焦がしてしまったのは、中がよく見えなかったからだという、長ーい言い訳でした。

 学習能力のない奴がここに一人いる。



 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す!
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援クリックお願いしまーす!!】
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。


 
関連記事

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2016/04/17 22:46】 | ちょっと独り言
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック