2016年の2月に東京から沖縄へ移住した。50を過ぎてからの大冒険。
 15年くらい前の話になるが、初めて沖縄に来た時に、ゴミ分別の呼称が当時の東京のように「燃える」「燃えない」ではなく、「燃やす」「燃やさない」としていることを、とても合理的だと思った。

 あの頃は物理的に燃えるか燃えないかで判断している人の方が多かったので、「燃やすか燃やさないか」という表現は、決めごとであって個人の判断を挟まないという点が解りやすいと感心したものだ。

 その後東京でも「燃やす」「燃やさない」に変わったが、今住んでいる浦添市では「燃える」「燃えない」の表現を使っているので、あの「燃やす」「燃やさない」は沖縄全土ではなく那覇市での表現だったといことを最近知った。

 
 ちなみに、沖縄では一枚数円のゴミ袋が市ごとに指定されていて、他市のゴミ袋に入れても収集してもらえないなど、徹底したルールが守られている。

 他の市については知らないが、浦添市の収集車は「エリーゼのために」を流しながら移動していて、ベートーベンを知らない小さな子供たちには、「ゴミの曲」として認知されていることだろう。



 東京より便利だと思うのは粗大ゴミの収集だ。

 粗大ゴミはエリアごとに毎週一回収集曜日が決まっていて、予約は前日16時までにすれば良い。電子レンジやマットレス等でも一つ300円で回収してもらえる。

 引越し準備の際などに大きなゴミを小出しにできるのは有り難いことだと思う。


 ゴミの話を続けると、この辺りの資源ゴミ収集日である土曜日は、段ボールや新聞紙、ビンと缶の激しい争奪戦が繰り広げられる。

 縄張りまでは無いのだろうが、それに近いものはあるようで、大きな集合住宅の収集場所には早朝から陣取っている人たちがいる。

 ゴミ収集車が来る頃には、ペットボトルしか残っていない。

 ルール違反なのかは知らないが、資源を漏れなくリサイクルし、人様の収入にもなり、経済にも貢献しているのだから、悪いことだとは思わない。

 
 
 今日も昼前にエリーゼのためにが聞こえたのだが、昼過ぎに外に出たらウチの建物の前だけ朝と同じ状態でゴミが残っていた。近隣のは無くなっているのに。

 「うるさいオヤジ」と思われたくないので躊躇したが、放っておくのもどうかと思い、浦添市役所に電話で報告。

 それから1時間くらいして収集に来ていた。

 新人さんだったのか、何かの陰で見えなくなっていたのか、こんなこともあるんですな。

 笑って済ませましょ。ここは沖縄です。



 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す!
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援クリックお願いしまーす!!】
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。


関連記事

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2016/03/29 20:16】 | これ知ってる?
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック