2016年の2月に東京から沖縄へ移住した。自宅で作陶しながら今後を模索中。
     DSCF0283 - コピー
 
 夏をピークに書店に溢れる沖縄のガイドブックは、初めての観光客に沢山の情報を提供するのが目的だろうから、ピンポイントテーマの情報取得には力不足。

 で、お勧めなのは、沖縄のコンビニなどで売っている「OKINAWA 100 SERIES」。一冊680円也。「ちょこぶら手帖」は姉妹本だ。

 沖縄在住の人たち向けに作られた、沖縄限定販売(通販あり)のポケットサイズのガイドブックだ。㈱近代美術という沖縄の会社が発行している。

 「カフェ」、「テイクアウトグルメ」、「BEACH」、「雑貨」…などなどテーマは様々で、他にもランチ、道の駅、バス旅行、市場、贈り物など全部で50タイトルある(2013年9月1日現在)。


 私も何冊か持っているけれど、有り難いことに地元の友人に恵まれて、今のところ出番は一回だけ。

 その一回は、一人で昼食を取る場所を探してた時。「那覇ランチ100」の中から選んだのは「浮島ガーデン」。結局は現地の友人と2人で行くことになったのだが、多分女性に好かれそうな店の雰囲気と味だと思う。ウチナンチュ且つ中年男子の友人は食べ慣れない味に戸惑っている様子だったが、既存の沖縄料理と結び付けるのは難しい創作料理。さっぱりと味付けされていたので、インパクトは小さいが、「なんとなく沖縄」を楽しめる味だ。


 話を本に戻すと、地元目線なので一人旅にも役立つ本だと思う。

 写真も沢山載っているので、ページをめくるだけでも楽しい。

 ちなみに、私の一番のお気に入りは、もちろん「おきなわの器」。


 *記事本文内の赤太字は外部リンク

関連記事

FC2blog テーマ:沖縄旅行 - ジャンル:旅行

【2013/09/30 10:09】 | これ知ってる?
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック