2016年の2月に東京から沖縄へ移住した。50を過ぎてからの大冒険。
    DSCF3156.jpg

 沖縄料理の食堂には必ず用意されている調味料、コーレーグースー。「コーレーグス」「コーレーグース」、商品名の標記は色々あるようだが。

 島とうがらしを泡盛に漬けたもので、非常に辛い。アルコールに溶けやすいカプサイシンの特性が生かされている。


 名前の由来は「高麗草(こうらいぐさ)」が訛ったそうだが、明治時代に沖縄からハワイに移住していた県民が沖縄に戻った後に、チリウォーターを真似たものを作り、それが広まったという。

 沖縄そばやチャンプルーはもちろん、山葵代わりに刺身などにも使われる。沖縄の友人がコーレーグースを加えた醤油で島ダコを食べているのを気に入って、それ以来東京でもスライスした茹でタコはそうやって食べるようになった。


 DSCF3160.jpg

 今年はウチのベランダで育てた島とうがらしで作ってみようと思ったが、実がつくのは来年以降になりそうなので、今回那覇で買ってきた。

 適量や漬ける期間が分からないので、テキトーに。

 島とうがらしの色が抜けるくらい漬けたら十分かなと。

 でも、この量を使い切るのに、どんだけ時間が掛かるんだろか?



   私の料理レシピブログもよろしくお願いしま~す!
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援クリックお願いしまーす!!】
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村


  なんならココもポチっとしてください
    ↓↓↓
ブログ王ランキングにも参加中!

   いつも応援有難うございます。


 
関連記事

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2014/08/04 07:07】 | カメーカメー沖縄の食
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック