2016年の2月に東京から沖縄へ移住した。50を過ぎてからの大冒険。
 昨日、先日ここで紹介した「第2回 ゆんたくライブ」が開催された代田橋和泉明店街の沖縄タウンに行ってきた。
 
   DSCF2727.jpg DSCF2728.jpg
  
 ライブは商店街の一角の無料休憩所で行なわれているコジンマリとしたもので、始まったばかりの時間に行ったせいか、まだ観客は10人程度だった。

   DSCF2729.jpg DSCF2733.jpg

 私の勝手な好みだが、三線の音色は面と向かって聴くよりも、何処からか流れてくる旋律を空気と一緒に感じている方が好きだ。なので、ライブ会場には長居しないで、その辺をプラプラ。

 東京で沖縄と同じ空気は感じ得ないが、昨日のような晴天の昼下がりにノンビリ歩きながら聴いていると、それらしく思えて居心地はよい。


 ライブ開始時間に合わせて午後2時過ぎに着いて、HPの宣伝に書かれていた「ゴーヤー豚まん」を昼食の代わりにしようとしていたのだが、商店街を見て回っても見付からず、諦めて「首里製麺」という店で沖縄そばを食べることにした。

   DSCF2730.jpg DSCF2732.jpg

 東京で沖縄そばの店に入るのは初めてだ。

 店主と話はしなかったが、商店街が「沖縄」で町おこしをする際に、沖縄から来てもらった人だと聞いている。
 
 店の名前の通り、自家製麺を使った独特のそばだ。

  DSCF2734.jpg DSCF2735.jpg

 独特というよりか、「沖縄では食べられない沖縄そば」という方が合っている。

 「全部乗せ」タイプを注文したら、表面を焼き直したラフテーや文字通りトロトロの軟骨ソーキ、モズクやアーサ、丸いかまぼこ(これがまた美味しい)、刻み生姜が乗っていて、豚骨といりこ出汁の旨みとの相性も良かった。出汁は鰹と昆布の方を選ぶこともできる。

   DSCF2737.jpg

 麺は生麺独特のモッチリ感があって、少し平たく伸ばした形状が噛むときの食感を軽くしている。

 本場と比較して否定から入ることもできるだろうが、私にはとても美味しいそばだった。

 東京の沖縄そばとして本場とは別の良さを十分に味わえる逸品だと思う。沖縄に行く機会が多い私には、本場の「沖縄すば」を東京で再現してもらうより有り難い。

   DSCF2738.jpg

 他にも、沖縄野菜のそばや、豆腐そばもメニューに載っていたので、楽しみだ。

 来週18日の「ゴーヤー祭り」の時にもう一度食べに行ってみるか。


 で、満腹で帰る途中、沖縄土産を売っている店の入り口に目をやったら、見つけた。

 「ゴーヤー豚まん」の文字。

   DSCF2739.jpg

 なんだ、ここだったのか。

 もう食べられない、と思いながらも、たんかんのジュースと一緒に持ち帰り用に一つ。

   DSCF2740.jpg

 有り難いことに冷凍だったので、そのままもらって家の冷凍庫へ直行。

 食べたら、また書きます。


 *記事本文中の赤太字は外部リンク



 【ランキング応援クリックお願いしまーす!!】
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村


  なんならココもポチっとしてください
    ↓↓↓
ブログ王ランキングにも参加中!

   いつも応援有難うございます。


関連記事

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2014/05/19 11:11】 | カメーカメー沖縄の食
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック