2016年の2月に東京から沖縄へ移住した。自宅で作陶しながら今後を模索中。
 GARB DOMINGOさんに行ったら、渡慶次さんの漆器が並んでいた。

 渡慶次さんご夫婦が作成している漆器は通常でも作成に3ヶ月は掛かるものだが、最近は注文から納品まで1年掛かるそうだ。新しい作風の工芸品が多くの人の心を掴むのは喜ばしい。

 今回店頭に並んでいたのは黒色と錫色のもので、丸皿の他にも平面の四角皿もあった。

  錫色の器
  DSCF2655.jpg DSCF2656.jpg

 渡慶次さんの塗りは、それぞれの色とつやの消し方が相まって、一見陶器のようにも見える独特の質感を生み出している。

 錆色の器
 DSCF2264.jpg DSCF226<br />5.jpg


 渡慶次さんの器が光の当たり方で色の感じが変わるくらい繊細な表現なのに対して、藤本健さんの器は力強い「木」の表現だ。

 中でもガジュマルの木目がそのまま生かされている器は、大小に関わらず迫力があって私のお気に入りだ。
 
 DSCF2653.jpg DSCF2654.jpg

 那覇で扱っている販売店は少なく、GARB DOMINGOさんで今月下旬から初個展が開かれるので、こういう機会に多くの人たちに見てもらいたいと思う。期間中に同器と食のイベントもあるそうです。詳しくはGARB DOMINGOのHPで。

   DSCF2177.jpg



 藤本健 木のうつわ展
 
 【日時】 2014.5.24 sat – 6.1 sun(月・水は定休日)
      10:00 – 13:00 / 15:00 – 19:00

 【会場】 GARB DOMINGO 沖縄県那覇市壺屋1-6-3
      tel 098-988-0244


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



【ランキング応援クリックお願いしまーす!!】
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村


  なんならココもポチっとしてください
    ↓↓↓
ブログ王ランキングにも参加中!

   いつも応援有難うございます。


関連記事

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2014/05/13 07:07】 | 沖縄の手わざ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック