2016年の2月に東京から沖縄へ移住した。自宅で作陶しながら今後を模索中。
   DSCF3228.jpg

 沖縄県民向けの情報誌「uchina」の最新号のテーマはガラスの器。

 作家とセレクトショップなどの販売店が紹介されているが、印象としては「これだけ?」。

 「器」に限定したとしても、ガラス工芸作家はもっと居るのでは?という印象だった。

 取材には事情もあるだろうし、今までの他の分野でも載せていない作家は沢山居るだろうし。

 ただ、なんだか、琉球ガラス=土産品というイメージを一蹴するくらいにしてもらいたかったという、私の勝手な思いがあって、以前のやちむん(陶器)特集に比べるとちょっと残念。

  DSCF3229_20140809184356ff5.jpg DSCF3230_20140809184355c5c.jpg

 グチはそれくらいにして、話を変えましょ。

 最近は稲嶺盛吉さんの息子さん、盛一郎さんの作品を街中でよく見掛けるようになった。

 お二人の作品は、裏面に押された「吉」か「一」の刻印で識別できる。
 
 今までは、盛吉さん作10に対して盛一郎さん作1もないくらいの数しか店頭に並んでいなかったのに。

 お父さんの作風と比べると、盛一郎さんの方がちょっとソフトタッチという印象。

 
 以前に読谷の工房を訪ねたときは、真夏の最中に炉の前で宙吹きをやっていた盛一郎さんの姿が印象的だったのを覚えている。

 あれから6年が経った。

 工房「虹」を支えて、これから益々活躍されることだろう。

 楽しみです。



 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す!
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援クリックお願いしまーす!!】
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村


  なんならココもポチっとしてください
    ↓↓↓
ブログ王ランキングにも参加中!

   いつも応援有難うございます。


  

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2014/08/31 07:07】 | 沖縄の手わざ
トラックバック(0) |
 壺屋のやちむん通りから桜坂にかけて、道の整備が進んでいる。

 整備というより、美化の方が合っているかな?

 先日は、桜坂の路面が琉球石灰岩で舗装されたことや道端に花壇ができていることを紹介したが、今回歩いていると、点々と鮮やかな色が路上に浮かんでいた。

 マンホールの蓋が取り替えられていた。

 DSCF3049_201408230832421a9.jpg DSCF3053_20140823083248b6e.jpg DSCF3050_20140823083244d33.jpg DSCF3052_20140823083239266.jpg
 (タバコの吸い殻に気が付きませんでした。見苦しくてすみません。)

 見たところ4種類のようだが、他の場所でも展開して欲しいくらい良くできている。


 何で急速にそこまで手を入れているのかは不明だけど、近隣に大型リゾートホテルが建設中なので、街の雰囲気を明るくする方向に進めているのかな?

 個人的には夜の桜坂には隠微でどこか妖艶な雰囲気を残しておいてもらいたいのだが、今にも崩れそうな建物が並んでいるから、再開発で一掃されてしまうのも時間の問題なのかもね。


 それはそうと、そのホテルも来年4月に完成予定とかで、大分建設が進んでいた。

   DSCF3054.jpg


 変化は楽しみでもあり、無くなるものへの寂しさでもあり。

 どうなっていくのかなぁ?


 ちなみに、日本で最初のデザインマンホール蓋を作り、使用したのは那覇市です。

   DSCF3048.jpg
   これが最初のデザイン。



 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す!
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援クリックお願いしまーす!!】
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村


  なんならココもポチっとしてください
    ↓↓↓
ブログ王ランキングにも参加中!

   いつも応援有難うございます。


 

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2014/08/29 07:07】 | これ知ってる?
トラックバック(0) |
 浦添市の新城工作所まで三線を買いに行った際は、友人が車で連れて行ってくれたのだが、帰り掛けに高江洲そばに寄ってもらった。

 あの豆腐そばの店である。

   DSCF3103.jpg

 今更あのそばについて語ることもないので、今回はスルーするが、支払いをするときにレジの隣で売られていた餅に魅かれて、買ってみた。

  DSCF3118.jpg DSCF3119.jpg

 パッケージからすると、高江洲そばの自家製ではないようだが、手作り感満載の素朴な餅だった。

 葛粉も入っているそうで、一般的な沖縄の餅よりもモッチリ感、シットリ感が高い。

 紅芋の風味も生きていて、素朴な甘さについついパクパク。

 ホテルに戻ってから、結局一人で食べてしまった。

 また、やっちゃった。



 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す!
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援クリックお願いしまーす!!】
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村


  なんならココもポチっとしてください
    ↓↓↓
ブログ王ランキングにも参加中!

   いつも応援有難うございます。


  

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2014/08/27 07:07】 | カメーカメー沖縄の食
トラックバック(0) |
 今年から7月15日をマンゴーの日に制定したそうだ。 何でその日???


 今年は豊作だそうで、那覇の公設市場界隈を歩くと、例年よりマンゴーが目立つ。

   DSCF3124.jpg DSCF3126.jpg DSCF3127.jpg

 私が訪沖したのは7月上旬の大型台風通過後だったので、台風で落ちてしまう前に収穫した物が大量に出回っていたからかもしれない。

 当然価格も随分低く設定されていて、特A級のマンゴーは例年なら1個4000円近くするのだが、1000円以上も安く出回っていた。

 それならと、滞在中に1個丸ごと独り占めしてかぶりつけば良かったのだが、タイミング悪くマンゴーの前を通るときはいつも満腹で、頭が回らなかった。この記事を書きながら悔しさを噛み締めている。


 ちなみに、私がマンゴーを東京に送るときは、いつもこの店。

   DSCF3128.jpg

 国際通りの沖縄三越のデパ地下で売っているのにも劣らない質のものを、もう少し安価で提供している。少なくとも送料分くらいは安い。

 店の場所は、国際通りから平和通りへ入って行って、左側の大きな薬屋の並びにある。

 配達日や品質、食べ頃もいつも希望通りにやってくれる信頼できる店なので、お勧めですよ。

 

 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す!
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援クリックお願いしまーす!!】
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村


  なんならココもポチっとしてください
    ↓↓↓
ブログ王ランキングにも参加中!

   いつも応援有難うございます。


 

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2014/08/24 07:07】 | 沖縄の手わざ
トラックバック(0) |
 自分がよく通る路で見掛ける不思議な光景というか、不思議な店。


 ゆいレールの首里駅から首里琉染に向かって歩くと、鳥堀の交差点のところにある店。

  DSCF2462 - コピー DSCF2465.jpg

 どれが店の名前? 喫茶店なのか、食事処なのか、飲み屋なのか?

 日中しか前を通ったことはないのだが、店が開いているところを見たことはない。

 地下に半分埋まっているような外観が怪しさを一層掻き立てる。


 次は、沖映通り沿いにある水を売る店。

   DSCF2498.jpg

 トルマリンパワーウォーターってどんなんでしょ?


 最後は店というよりノボリなのだが、店は何処? ノボリを見る限り、場所は書いてないんだけど。桜坂で見られる光景だ。
  
   DSCF2634.jpg

 【追記】
 でも、その三か月後に前を通った時は、ノボリの位置が「あるいて10歩」の看板の隣に。これセットだったんですね。アパートの一室が食堂になっているようです。

   DSCF3064.jpg



 私の料理レシピブログもよろしくお願いしま~す!
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援クリックお願いしまーす!!】
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村


  なんならココもポチっとしてください
    ↓↓↓
ブログ王ランキングにも参加中!

   いつも応援有難うございます。



FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2014/08/22 07:07】 | ハマる処アガる処
トラックバック(0) |
 週末の三線教室の帰りに、同じ沖縄タウン内にある「首里製麺」で昼食を食べて帰るのが習慣になってきた。

 この首里製麺の麺は生麺で、そのツルツルシコシコ感がとても美味しい。濃い鰹出汁が聞いた汁も好きだ。

 夏は「冷し」もあって、ゆし豆腐やもずく、ソーキや焼かまぼこ等が添えられた冷し長寿三大そば、トッピングを少しシンプルにした冷し沖縄そばなど、麺の食感が更に際立って、実に美味しい。

  冷し長寿三大そば冷し長寿三大そば
  DSCF3241.jpg冷し沖縄そば


 先日は「首里定食」を食べた。

 白ご飯とミニそば、ゴーヤーチャンプルー、肉味噌豆腐とモズクの小鉢が付いている。

   首里定食

 ゴーヤーチャンプルーを食べて、その味に驚いた。

 少しだけトロッと感を残した玉子でゴーヤーと島豆腐がとじられているのだが、この玉子の食感と味付けが絶妙で美味。ポークが入っていないけれど物足りなさはまるで無い。

 一言で言うと、今までに食べたどのゴーヤーチャンプルーよりも美味しかった。

 沖縄タウンの居酒屋「てぃんさぐぬ花」と同様に、東京の沖縄料理の名店だと思う。


 店では麺の切れ端を一袋50円/300gで売っている。切れ端といっても長さが短いだけで、太さや味は同じ。

 直ぐに売り切れてしまうので、なかなか手に入らないのだが、前にうどん麺の代わりにこの麺を使った料理を料理ブログの方に載せたことがある「鯵のタタキとイクラのサラダうどん」。レシピでは一般的な「うどん」としたが、画像で違いを見抜いた人がいたら、それは超能力者認定です。

 
 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す!
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援クリックお願いしまーす!!】
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村


  なんならココもポチっとしてください
    ↓↓↓
ブログ王ランキングにも参加中!

   いつも応援有難うございます。


 

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2014/08/20 07:07】 | カメーカメー沖縄の食
トラックバック(0) |
DSCF3072.jpg

 石垣のとある店で、店員に「島の人ですか? かりゆしがよくお似合いですね」なんて言われてしまい、舞い上がることしきり。

 その日のうちに那覇へ異動し、そのままの格好でcraft house Sproutさんに行ったら、オーナーの宜保さんにもそのかりゆしウエアを褒められた。

 その時着ていたのはMAJUN(マジュン)のかりゆしウエアで、宜保さんからMAJUNの本店がすぐそばにあることを教えてもらった。


 早速翌日行ってみると、今まで学生服などの制服専門店だと思っていた店がMAJUNの本店で、当然のことながら店内にはかりゆしウエアが所狭しと並んでいる。

 種類が多いため、一製品一サイズで店頭に出しているようで、他のサイズは頼めば奥の倉庫から出してきてくれる。

 セールになっているものも多かったので、少々買い過ぎてしまった感もあるが、満足である。

 帰り掛けに、ウエアの素地で作ったティッシュケースとハンカチをオマケにもらった。ハンカチの方は先日紹介したポール・ロリマー氏作の泡盛甕の蓋に巻いている。

 DSCF3214.jpg DSCF3152.jpg



 まあ、私が人のおだてに乗りやすいのは、今に始まったことではない。

 一時期は「褒められて伸びる子」だという言葉を信じていたこともあったが、ただ乗せられやすいだけ。

 そのお陰?で、今年の夏はかりゆしウエアのローテーションに困らなそうだ。


 MAJUNは送料無料の通販もやっているし、セール品も沢山あるので、是非覗いてください。



 料理レシピブログもよろしくお願いしま~す!
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援クリックお願いしまーす!!】
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村


  なんならココもポチっとしてください
    ↓↓↓
ブログ王ランキングにも参加中!

   いつも応援有難うございます。


 

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2014/08/18 07:07】 | これ知ってる?
トラックバック(0) |
 今回、「craft house Sprout」で、初めて古我知(こがち)焼の器に出会った。

 私には作品を評論するほどの専門知識や根拠などは持ち合わせていないが、「土臭い質感で洗練された造形美」という自分の好みからすると、この窯元の作品は素晴らしい。

  DSCF3190.jpg DSCF3192.jpg

 いずれも仲宗根氏親子の作品だ。

 古我知焼は沖縄の古窯の一つで、1800年台初頭から途絶えていたのを仲宗根氏が40年前に復活させたものだ。

 その情熱とご苦労のお陰で、このような良い意味で沖縄には特異な作風が再現、復活されたのだから、感謝と畏敬の念を惜しみなく捧げたい。

 Sproutさんの店内に入ったとたんに眼に飛び込んできたその作風は、堂々としていてしかも可愛げもある、丸みがある器だった。焼き締めのような表面の質感や、薄っすらとした中間色の釉薬の表情が際立っている。

 仲宗根さんの工房では奥様や娘さんも作陶されているので、この何処とない可愛げは女性の手によるものだからだろうか?


 あまり世間一般には知られていないと思うけど、壺屋焼を始め日本の焼き物文化の一翼を担う沖縄のやちむん。

 その作品の種類の幅も深さも、今まで私が眼にしてきたものは、ごく一部。

 改めて実感。



 料理レシピブログもよろしくお願いしま~す!
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援クリックお願いしまーす!!】
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村


  なんならココもポチっとしてください
    ↓↓↓
ブログ王ランキングにも参加中!

   いつも応援有難うございます。


 

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2014/08/16 07:07】 | 沖縄の手わざ
トラックバック(0) |
   DSCF3012.jpg

 ユーグレナモールの中にある、ハンドメイドアクセサリーの店に行ってきた。

 「流木民」。


 その名のとおり、流木を使ったアクセサリーが作品の真骨頂のようで、こういう作風が好きな人には堪らん店だ。私もその一人。

 材料となる紫壇の流木が豊富に手に入る訳ではないし、通販ですぐに売れてしまうこともあって、店頭に並ぶ数はそう多くない。

 そんな訳で気に入ったものに遭遇するのは偶然の賜物だが、今回は一目惚れの作品に出会った。

 DSCF3141.jpg DSCF3143.jpg


 即買いした!

 流木のブーメラン型のカーブが絶妙なのが即買いの理由。


 以前別の店で、買うことを決めていたが、店員との話が終わるまでその商品を手に取るのを待っていたら、後から入ってきた客に「あ、これこれ。あった、あった」と、目の前で持っていかれたことがあったので、今回は直ぐに握り締めていた。

 
 流木以外にも、天然石やシルバー、ビーズなどで作られた多様なアクセサリーが沢山店内に並んでいる。

 私のお気に入りの 「JALAN ARTS」の作品ともまた異なるセンスの作風なので、男性のみならず女性にもお勧めの店だ。

 通販サイトもあるので覗いてみてください→「流木民.com」。



 私の料理レシピブログもよろしくお願いしま~す!
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援クリックお願いしまーす!!】
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村


  なんならココもポチっとしてください
    ↓↓↓
ブログ王ランキングにも参加中!

   いつも応援有難うございます。


 

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2014/08/14 07:07】 | 沖縄の手わざ
トラックバック(0) |
   黒木
 
 沖縄の友人が街中で見つけた黒木(くろき)の画像を送ってくれました。

 三線の棹の部分に高級素材として使われる黒木は成長が遅いため木目が詰まり、硬い木材となります。

 以下、友人のメール文です。

 『画像は三線の材料黒木です。

 この時期はたくさんの実をつけます。

 熟すると食べられるのですが、少し渋みがあります。

 画像の木は5mくらいもある黒木にしてはかなり高い木ですけど、幹は直径20cm程度。

 いかに成長遅くて硬い木かよく分かります。』

 
 私の三線の上達も黒木の成長並みで...

 中身が詰まっていれば良いのですがね。



私の料理レシピブログもよろしくお願いしま~す!
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援クリックお願いしまーす!!】
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村


  なんならココもポチっとしてください
    ↓↓↓
ブログ王ランキングにも参加中!

   いつも応援有難うございます。


 

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2014/08/12 16:04】 | これ知ってる?
トラックバック(0) |
 三線教室に通い始めてから、先週末で4回目。

 今も入門の練習曲として定番の「安里屋ユンタ」という竹富島の民謡を練習中だ。

 押さえる絃の位置を漢字一文字で示す「工工四(くんくんし)」という楽譜に従って、歌を歌いながら弾くのが基本。

 この「歌を歌いながら」が肝要で、歌い方に合わせて弾き手が取る間が人によりずいぶん異なるようだ。だから、同時に練習しないと歌と演奏がバラバラになってしまう。


 今は「自分らしく」なんてことは考えず、先生の弾きに合わせて、いや着いていくので精一杯だ。


 この前、一時間くらい弾いてそろそろ終わろうかなと思っていた頃、ふらっと教室に入ってきた男の生徒さんがいた。

 壁に掛けてある(売り物?の)三線の絃を指で弾いて一竿を選び、軽い指使いで弾き始めた。もちろん唄いながら。


 その音色と声がとても澄んでいて、何とも心地が良かった。


 そう、こういう風に弾きたかったんだよな。


 必死に音符を追いかけていて忘れてしまっていたが、三線を習い始める前に頭に描いていた理想の姿が、この感じだったということを思い出した。

 まるで、海や山を前にして口ずさんでいるような感じ。

 初心忘れずに、ですな。

 精進します。



 私の料理レシピブログもよろしくお願いしま~す!
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援クリックお願いしまーす!!】
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村


  なんならココもポチっとしてください
    ↓↓↓
ブログ王ランキングにも参加中!

   いつも応援有難うございます。


  

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2014/08/11 07:07】 | 勝手にオキナワ談
トラックバック(0) |
   DSCF3030.jpg

 石垣島の市街地にある「ユーグレナモール」。

 ご存知の通りユーグレナとは石垣島名物でもあるミドリムシのことだ。

 ちなみに、「ムシ」といっても、光合成を行いながら鞭毛運動をするため、実際は動物と植物の区別が難しい生き物という位置づけ。

 石垣島のベンチャー企業「ユーグレナ」が大量生産(飼育?)する技術を開発し、今までのOEM生産に加え最近では独自ブランドの食品も販売していて、これがまた好評のようだ。大手食品会社のミドリムシ商品と競って、まさにユーグレナ市場は活況の様子。こういう沖縄の企業の活躍は嬉しい話だ。

 ミドリムシが含む栄養素の幅広さから、一時のクロレラブームより長続きする気もするが、創意工夫を重ねて、沖縄の新産業として大事に育てて欲しい。


 ユーグレナモールは大きくはない商店街だが、同じような土産屋ばかりが並ぶ通りとは違って、ゆっくり見て歩くと内容は個性的で結構充実している。

 以前に紹介した「JALAN ARTS」をはじめ、オリジナルのハンドクラフトアクセサリーの店、陶器やガラスの工芸品、芭蕉の民芸品、かりゆしウエア...、公設市場、ユーグレナ料理の店もある。

   DSCF3014.jpg DSCF3008.jpg


 誰でも使える無料休憩所も居心地が良さそうだ。

 通路がさりげなく「いつの世までも」のミンサー柄になっているのに、今回気が付いた。

   DSCF3009.jpg

 そのユーグレナ料理屋でユーグレナカレーというのを食べてみようかと思ったのだが、やっぱり「磯」のナーベラー味噌煮定食の方を選んでしまった。何度も言うようだけど、この味噌煮はサイコー!!

 DSCF3007.jpg

 DSCF3015.jpg DSCF3016.jpg




 私の料理レシピブログもよろしくお願いしま~す!
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援クリックお願いしまーす!!】
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村


  なんならココもポチっとしてください
    ↓↓↓
ブログ王ランキングにも参加中!

   いつも応援有難うございます。


 

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2014/08/09 07:07】 | これ知ってる?
トラックバック(0) |
   DSCF3044.jpg DSCF3045.jpg

   DSCF3136.jpg

 いつもタイミングが合わなかったが、今回やっと、「Café にふぇーら」のモーニングをいただくことができた。

   DSCF3133.jpg

 にふぇーらは定宿の壺屋ガーデンハウスが運営している、同じ敷地内にあるカフェだ。

 同店はトリコガイド#2874の「沖縄2015」にも掲載され、壺屋の「craft house Sprout」のオーナー宜保さんも最近のブログでモーニングを褒めてらした。

 今回注文したのは、エッグベネディクトとアサイーのスムージーのセット。

  DSCF3139.jpg DSCF3137.jpg

 ホウレン草、アボガド、プチトマト、ナスがあしらわれたイングリッシュマフィンと、サッパリとしたオランディーズソースをトロトロ半熟玉子に絡めていただく。濃い味がお好み子方は、少し塩を振ると丁度いいくらいのアッサリ味だ。

 アサイーの効能は幅広いそうで、私は初めていただいたが、程よい酸味と甘味が美味しかった。

 沖縄野菜を使ったメイン料理も、スムージーも幾つかの種類から選べるので、気分や体調で色々楽しめる。

 DSCF3134.jpg DSCF3135.jpg DSCF3138.jpg


 前にも書いたが、朝から開いている飲食店は限られているので、ここのように8時から開いている店は有り難い。HPには「不定休」となっているが、最近は日曜日と月曜日が定休日になっているようなので、要チェック。

 10時前の飛行機だったので、折角接客してくれていた高倉オーナーにはEat & Runで申し訳なかったが、とても美味しかった。


 余談だが、奥の厨房で調理していた男性は、どこから見てもいわゆる欧米人で、高倉オーナーも英語で話していた。

 あのエッグベネディクトの優しい味は、彼のお袋の味なのか?と要らない勘繰りをしながら、沖縄を後にした次第。



  私の料理レシピブログもよろしくお願いしま~す!
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援クリックお願いしまーす!!】
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村


  なんならココもポチっとしてください
    ↓↓↓
ブログ王ランキングにも参加中!

   いつも応援有難うございます。



FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2014/08/07 07:07】 | カメーカメー沖縄の食
トラックバック(0) |
    DSCF3156.jpg

 沖縄料理の食堂には必ず用意されている調味料、コーレーグースー。「コーレーグス」「コーレーグース」、商品名の標記は色々あるようだが。

 島とうがらしを泡盛に漬けたもので、非常に辛い。アルコールに溶けやすいカプサイシンの特性が生かされている。


 名前の由来は「高麗草(こうらいぐさ)」が訛ったそうだが、明治時代に沖縄からハワイに移住していた県民が沖縄に戻った後に、チリウォーターを真似たものを作り、それが広まったという。

 沖縄そばやチャンプルーはもちろん、山葵代わりに刺身などにも使われる。沖縄の友人がコーレーグースを加えた醤油で島ダコを食べているのを気に入って、それ以来東京でもスライスした茹でタコはそうやって食べるようになった。


 DSCF3160.jpg

 今年はウチのベランダで育てた島とうがらしで作ってみようと思ったが、実がつくのは来年以降になりそうなので、今回那覇で買ってきた。

 適量や漬ける期間が分からないので、テキトーに。

 島とうがらしの色が抜けるくらい漬けたら十分かなと。

 でも、この量を使い切るのに、どんだけ時間が掛かるんだろか?



   私の料理レシピブログもよろしくお願いしま~す!
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援クリックお願いしまーす!!】
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村


  なんならココもポチっとしてください
    ↓↓↓
ブログ王ランキングにも参加中!

   いつも応援有難うございます。


 

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2014/08/04 07:07】 | カメーカメー沖縄の食
トラックバック(0) |
   DSCF3152.jpg

 「今度沖縄に行ったら、泡盛用の甕が欲しい」と思っていた。

 目当ては、「craft house Sprout」で扱っている、在沖陶芸家のポール・ロリマー氏の甕だ。


 同氏の甕は、蓋の密閉度の高さと、土密度の高い焼締め陶器が高評価で、業者の人にも好まれているそうだ。


 店頭で前々から目を付けていた3升用の甕を手に入れて、満足。


 同時に泡盛の「主(ぬーし)」をネット購入し、早速口一杯まで注いで、さらに満足。焼酎系は日光や空気を嫌うので、内側の空間は少ない方が良い。

 「主」は5年古酒で30度と43度の2種類があるが、私は43度の方が味わい深くて好きだ。泡盛を最初に美味しいと思ったのも、この「主」。


 木製だと思い込んでいた甕の蓋がプラスチック製だったのはちょっとガッカリだったが、かりゆしウエアの「MAJUN」でもらったハンカチで隠して、部屋の一角に安置。このハンカチは今回買ったかりゆしウエアと同じ素地でできている。

   DSCF3151.jpg

 泡盛を甕でいただく場合は、飲んだ分を継ぎ足して、古酒を末永く繋いでいくもの。

 今から注ぎ足し用の一升瓶も用意してあるのだが、自分じゃそんなには飲まないよね。


 誰か、飲みに来てー!



   私の料理レシピブログもよろしくお願いしま~す!
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援クリックお願いしまーす!!】
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村


  なんならココもポチっとしてください
    ↓↓↓
ブログ王ランキングにも参加中!

   いつも応援有難うございます。




FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2014/08/02 07:07】 | 沖縄の手わざ
トラックバック(0) |