2016年の2月に東京から沖縄へ移住しました。自宅で作陶しながら今後を模索中。
 椿の花が開きだした。

   DSC01594.jpg

 細雪という品種でこのくらいの開き加減がマックスのようだ。

 もう一つつの赤い侘助の方は、夏の間に花芽がほとんど落ちてしまって、2つだけ残った蕾が膨らんできたところ。

 無事に開くだろうか。

 
 今年もすでに一週間が経って、あれっ?何してたっけとう感じ。

 テレビやラジオからは正月太りの話題が連日聞こえてくるが、正月太りとはホント不思議。
 
 私のように、普段と何も変わっていない食生活と日常でもチャンとキロ単位で体重が増えている。

 明日正月飾りを外したら、室内外の雰囲気も全て元の日常に戻る。

 戻らないのは体重だけというのも、世の常か。



 昨年中に、壺屋のSPROUTに行ったとき、「豆ポレポレ」のティーバッグを見つけたので買ってみた。

   DSC01583.jpg

 「豆ポレポレ」は沖縄市のコーヒー豆専門店で、2017年のJCRC(ジャパンコーヒーロースティングチャンピオンシップ)で優勝した店だ。

 店頭でも飲めるようだが、本業はコーヒー豆の自家焙煎と販売がメイン。

 「最低4分以上、最長1日湯出しすること」と書いてあったので、5分ほどしてからティーバッグを取り出した。

 ネコ舌の私には丁度いい。

 ところで、コーヒーでもティーバッグっていうのかな?

 それはいいとして味の方は、後味はそれほど残らないサッパリ系だが、口の中で色々な香りが重なり合う華やかさのある味だった。

 話には聞いていたが店には行ったことがないので、今度は店の方に行って淹れてもらおう。 

 店のオープンは13時からなのでご注意を。



  料理レシピブログの方もよろしくお願いします! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。
     
      
   

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2018/01/07 18:54】 | カメーカメー沖縄の食
トラックバック(0) |
 冬至か。

 さすがに沖縄には柚子湯に入る習慣はないだろうなぁ。

 私も湯船につからなくなって久しい。



 昨日友人たちと、今年聞いた良いニュースが思い出せないという話に。

 かろうじて出てきたのは、真子様のご婚約とか藤井四段の連勝だけだから、相当だ。

 一番ショックなニュースは全員一致で安室ちゃんの引退発表だったから、オヤジたちの会話としてそれもどうかと。

 私としては、自分が子供の頃からテレビで見てきた人たちが亡くなったのが今年の印象。

 松方さん、京唄子さん、野際さん、おひょいさん、ムッシュ... 

 
 私の今年のマイブーム(死語?)は、焼き大豆。

 今年の夏あたりに恩納村かどこかの道の駅で見つけたのが最初。

 その時は焼き黒豆が最初に目に入ったから手に取ったのだが、一緒に普通の焼き大豆も買ってみた。

 それ以来、素朴な香りと塩味が気に入って切らしたことがない。

 スーパーでは黒豆のは買えないが、サンエーでもマックスバリューでも焼き大豆は売っている。

   DSC01561.jpg

 サンエーには薄塩で少し大粒の国産大豆使用品や、飽きそうで癖になるカレー味もあって、これが美味しい。

 一袋100円程度だし。


 毎晩のように酒のお供にポリポリ。

 部屋で映画を見ながらポロポリ。

 小腹が空いてポリポリ。


 私の今年の音は「ポリポリ」。



  料理レシピブログの方もよろしくお願いします! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。
     
      
 

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/12/22 12:39】 | カメーカメー沖縄の食
トラックバック(0) |
 今日は悪天候の予報を撥ね退けて、「太陽と海とジョガーの祭典」のNAHAマラソンは無事に開催できたようで、良かったですね。

 終わったころから雨が降り出した。

 テレビでしか見ないけれど、いつも沿道の応援と完走者の笑顔は堪らなく素晴らしいですな。

 

 前回の続きになるが、北谷のアメリカンレッジの一角にあるデポアイランドの中に今年4月にオープンした、チョコレートの専門店、「Timeless Chocolate」にも行ってきた。

 前回のクリスマスランドと同じ建物の同じ階(2階)にある。

    DSC01554.jpg
  
 ここに移転する前に前身の店をやっていたそうだが、本格的に沖縄の食材を取り込んだチョコレートづくりは、この店から始まったようだ。

 世界各地から発酵済みのカカオ豆を取り寄せ、自分らで焙煎、加工している。

 板チョコの他に、他の食材とアレンジしたもの、マカロン、ケーキ類も作っている。

 
  DSC01552.jpg DSC01553.jpg

 店内に入るとチョコレートの香りが漂い、焙煎し砕いたカカオ豆や板チョコの商品はそれぞれ5種類くらいあって、全て試食でき、店員がそれぞれの商品の特徴や作り方を丁寧に、というより熱心に教えてくれる。

 前回来たときは店内が混んでいたので遠慮したが、今回は空いているタイミングに入ったので、次の客がドッと来るまで、たっぷり聞いてきた。

 この店の板チョコは80%近いカカオの含有量で、酸味と香ばしさのバランスが各製品のウリ。

 ご存知の方も多いと思うが、チョコレートはカカオの実の中にある豆を発酵、乾燥させ、砕いた後に焙煎し、すり潰して砂糖を加え固めてでき上る。

 固める際にカカオバターを含むカカオニブをすり潰したもの(カカオマス)を加えて、滑らかさと風味を加えるのが一般的な作り方なのだが、この店ではカカオ豆に含まれる脂肪分だけで固めるそうなので、噛んだ時はカリッとした食感が際立っている。

 また、焙煎の度合いによって酸味が異なり、浅い焙煎ほど酸味が増し、深い焙煎ほど香ばしさが増す。

 この店では、その酸味を強調したものが多い印象。

 加える甘さにもこだわって、沖縄の黒糖やザラメなどを使い、独特な味わいを作りだしている。

 ケーキはモンブラン、チョコレートケーキ、ティラミスの3種類があって、当然どれもチョコレートの味がポイント。

  DSC01555.jpg DSC01562.jpg

 モンブランはクリームにも素地にもチョコレートは入っていないが、トッピングと底に敷いてあるダークチョコレートがクリームの甘さを引き締めて、少量でも効果抜群。

 チョコレートケーキは酸味のあるチョコレートを使用した生チョコクリームが印象的だ。

 ティラミスは、チョコレート味の円盤状のクッキーがクリーム状のマスカロポーネチーズと生クリームの上に浮いていて、味のバランスが最高に美味しい。スプーンだとクッキーが割れにくくて少々食べづらい。

 ティラミスは持ち帰りができないが、使用されている沖縄在住陶芸家の今村能章氏の器はインパクト大。


 客は女性の方が多いようだが、店のスタッフは男性が多いからか、商品は全体的に男前というか、男好みかなと思う。

 オーナーの林氏は県外の方だが、沖縄産の商品開発に力を入れていて、以前から県産のカカオ豆栽培を模索したり、黒糖生産者を選ぶことに余念がないと、以前のテレビ番組で紹介されていた。

 林氏を含む創業スタッフはデザインの仕事をしていたようなチョコレートの素人で、その後菓子作りの職人らを加えて商品開発を進めており、それゆえに面白い発想が生まれるのかもしれない。

 店頭に生黒糖なるものを加えたトリュフがあったので食べてみたが、かじった瞬間に口の中に広がる香りが強くて驚いた。

   DSC01569.jpg

 何の味だろう、少しベリー系のような感じもするし、これが生黒糖のエグミなのだろうか。

 力作なのだろうが、考え過ぎでは? 申し訳ないが、これだけは、もう一度食べたいとは思わなかった。

 一方で、新商品という冬瓜の砂糖漬けをビターなチョコレートで包んだものは絶品だった。

 私が最後の一箱を買ってしまったので、今年はもう手に入らないそうだ。

 ちなみに、沖縄の伝統菓子にも「きっぱん」という冬瓜の砂糖漬けがあるが、これはとても甘くできているが蜂蜜のような甘さで美味しい。

 価格は高めだが、チョコレート好きには楽しいところだと思うので、色々試してください。



 料理レシピブログの方もよろしくお願いします! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。
     
      
   

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/12/03 16:53】 | カメーカメー沖縄の食
トラックバック(0) |
 英国のエリザベス女王とフィリップ殿下がご成婚70周年だそうで、60周年以来英国王室の記録を更新中だそうだ。

 ご苦労も多いと思うが、いつもフィリップ殿下の茶目っ気というか、ユーモラスなおフザケが報じられるたびに、楽しそうで何よりですな。

 そうでもしないとやってらんないのかもだが(いや失礼)。

 今年は恒例の盛大な記念行事はせずに、家族のみでお祝いするそうだ。

 いつまでもお元気でお幸せに。

 

 日本では、「家庭内管理職夫」とか、「だんなデスノート」なんて言葉が聞こえてきて、何とも情けない話。

 後者の方は、夫への腹立ちまぎれの憂さ晴らしをネットに書き込んだ、「死ね」的な内容を書籍にして流布するなんて、出版社は何とかアルアルのような共感ビジネス程度に考えてるんだろうか。

 正気の沙汰とは思えない。

 今日は、「良い夫婦の日」。

 皆様、お幸せに。

 (雑なまとめ方でスミマセン)



 先日、マツコの番組で柿の種の話をやっていたが、以外にも亀田製菓の柿ピーの売上はスナック類で1位なんですな。

 ポテトチップスや今どきのスナックに押され気味なのかと思っていたが、お見逸れしました。

 そういわれてみたら、私もずっと絶やさず常備していたな。

 でも、今私は亀田のではなくて、他のメーカーのが好き。

 沖縄ではサンエーが扱っているくらしモアの、味の濃さ、柿の種の硬さ、それとピーナッツ量のバランスがイイ。

 番組では、ピーナッツと柿の種のバランスは1:5がベストだと言っていたが、私は1:3かせいぜい1:4が好み。

 そんなことはどうでもいいのだが、ご存知のように亀田は各地のご当地柿の種を作っていて、沖縄のは黒糖とシークァーサー味。
 
 亀田も「ご当地ものはノリで作っています」というように、美味しさよりも、話題性や土産としての価値を優先しているようで、沖縄のあれはお世辞でもチョット。

 私の沖縄ご当地柿の種のお勧めは、ドン・キホーテと上間菓子店のコラボで作られた、「スッパイマン 柿ピー一番」と「スッパイマン 柿の種揚」。

 両方ともイイ感じの甘酸っぱさがウリで、美味しい。

 番組でも紹介され、マツコも美味しさを褒めていた。

 販売はドン・キホーテ限定かもしれないけれど、沖縄土産の候補に加えてくださいね。

 
 
 料理レシピブログの方もよろしくお願いします! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。
     
      
 

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/11/22 20:51】 | カメーカメー沖縄の食
トラックバック(0) |
 沖縄も今日は気温が大分下がって、日中でもさすがに半袖だと寒いくらい。

 内地より気温が高いとは言っても、夏との気温差は20度近くあるので、これからの季節に朝布団から出たくないのは沖縄でも同じ。

 昨日は風が強くて、ベランダに置いているメダカ鉢の水が一晩で1cmほど蒸発していた。

 年中風が強い沖縄では、気温の割に洗濯物が乾くのは有り難いけれど、冬場は湿度が高くても風で肌が乾燥するからケアが必要だと地元の女性が言っていた。

 前にも書いたが、風速1m毎に体感温度が1℃下がるそうなので、これからの季節に来沖する人は、天気や気温の他に風速もチェックして、服装や肌ケアのご参考に。 



 一般的に低い気温で栽培されるキノコ類は沖縄のイメージではないだろうが、40年以上前にシイタケなどの原木栽培が沖縄で始まり、90年代から菌床栽培による量産化によって、今ではシイタケの他、シメジやエノキ、キクラゲ、エリンギなど、県内消費量の6割以上を県産品が占めているそうだ。

 そういわれてみると、野菜が高価なスーパーの中でもキノコ類は、県外品も含めて比較的安価。

 特にシイタケとエリンギは東京よりも大分安いと思う。

 中でも台湾から伝わったという黒あわび茸は亜熱帯性気候の中で育つ種なので県外では珍しく、沖縄ならではキノコといえる。

   DSC01547.jpg

 名前の由来は、断面とコリコリした歯応えが鮑を思わせるからだとか。

 先日近所のスーパーで見つけたので、切らずにそのままガーリックバター醤油焼きにしてみた。

 鮑は浮かんでこなかったけれど、エリンギの歯応えとマイタケの風味を足した感じかと。

 厚いシイタケのようなジューシーさはないので、ステーキよりも(内地の)天ぷらの方が合いそうだね。

 糸満の道の駅では、生産者から直送の新鮮なものが手に入るそうだ。

 この季節、県産のキノコ鍋や雑炊にソソラレル。

 

 料理レシピブログの方もよろしくお願いします! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。
     
      

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/11/19 18:18】 | カメーカメー沖縄の食
トラックバック(0) |