2016年の2月に東京から沖縄へ移住しました。自宅で作陶しながら今後を模索中。
 久しぶりに日差しが出て、眩しいくらい。

 それでも今週は冷え込むようで、相変わらず火鉢を抱いている。

   DSC01636.jpg



 比嘉大悟選手は瞬殺だったね。

 試合後は目を潤ませていた具志堅用高さんも、マイクを向けられると「あれ、もう試合終わったの?」とおどけて、物足りなそうな観客に気を遣っていたくらい、早かった。

 ちなみに、具志堅さんが37年前の自身の試合前に食べられなくて、負けたのはそのせいだったと言うブルーシールの紅芋味を軽量後の比嘉選手に食べさせたり、当時の試合前に差し入れてもらったすっぽんスープをその時と同じ人に作ってもらったりと、具志堅さんの人柄が垣間見られる験担ぎもしたそうだ。

 この防衛戦は全国的にはあまり話題になっていなかった気がするけれど、もっと大きく取り上げられても良いんじゃないの?

 とにもかくにも、防衛おめでとうございます。



 その試合の日は、友人に誘われて今帰仁城跡の夜桜を見てきた。

 テレビで試合を応援したかったので行こうか迷ったけれど、結局あれほどすぐに勝ってしまったのだから、夜桜を選んで正解と胸を撫でおろす。

 今帰仁城跡の桜まつりは今年で11回目を迎え、夜の6時からは城の石垣と桜並木がライトアップされている。

   DSC01631.jpg

 城は見晴らしの良い高台に立っているので、上がっていくにつれ風が強まり、頂上は寒い寒い。

 それでも普段は見ることのできない桜に彩られた景色を楽しめる。

  DSC01624.jpg DSC01622.jpg

 この寒緋桜の並木は昭和40年に植林されたものだそうで、半世紀前の先人が地元に残した恵み。

 少し滑りやすい足場なので、歩きやすい靴で行くのがおススメ。

 「今帰仁グスク桜まつり」は2月12日まで。

 その夜桜の前に、海洋博公園の熱帯ドリームセンターで始まった「沖縄国際洋蘭博覧会」に寄った。

 日本国内外から出展されたものを含め、2万点ランが展示されている。

   DSC01608.jpg DSC01615.jpg DSC01616.jpg

 ランの種類別に分けられた展示室を回って、同じ種類なのに全く別物のように見える多様さに驚く。

 所々で香りも漂ってくるのだが、友人に「これは花の香り」と教えられるまで、私は前を歩いているオバちゃんの香水の匂いだと思っていた。オバちゃん、スミマセン。 

 出口付近に展示されている大きな賞を贈られたものは、私の素人目にも圧巻の見応えがあった。

   DSC01614.jpg

   こちらの博覧会も同じく2月12日まで。



 料理レシピブログの方もよろしくお願いします! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。
     
      
        

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2018/02/07 17:18】 | ハマる処アガる処
トラックバック(0) |
 昨日はほとんど夏日で、室内よりも外の方が暖かいくらい。

 来週はまた真冬の寒さに戻ってムーチービーサーの時期。

 この頃に出荷されるタンカンが一番甘いそうだ。



 先日友人に教えてもらった、「ぎのわんゆいマルシェ」に行ってきた。

 JA沖縄が運営するファーマーズマーケットの「はごろも市場」と、浦添&宜野湾漁協の直売所、食堂の複合施設だ。

   IMG_1268.jpg

 全国的に野菜が高騰している中、スーパーに比べて野菜の値段はそれほどの安値感は無かったけれど、ものによっては買い得品も。

 米は県外のものも置いていて、その場で精米して売っている。

 石垣島産の二期作米を見つけたので、いい機会だから買ってみた。

 そういえば、県産のお米を買ったことが無かったので。

   DSC01596.jpg
 

 珍しいものといえば、「よみたんぼー」という、焼き菓子を買ってみた。

   DSC01597.jpg

 読谷村の「CAFE つちなる」というとことが作っているようで、小麦粉ベースに紅芋や黒糖などを練り込んで棒状に伸ばして焼いたもの。

 私が選んだのはイカ墨味。

 見た目は炭のマドラーのようだが、カリカリとした食感と程よい塩気が美味しくてイイね。
 
 今もかじりながらこれを書いている。


 そういえば、昨日テレビで見た港川保育園の食事の場面で、子供たちがイカ墨汁らしきものを美味しそうに食べていた。

 通好みというか、将来は酒飲みが育ちそうなしぶいメニューだな。

 お約束通り子供たちの口の周りはスゴイことになっていたが、可愛いね。

 子供は天使ですな。


 はごろも市場から繋がっている「えいと食堂」との間にある「寿美屋食品」では、揚げたての天ぷらやかまぼこが売られていて、かまぼこの詰め合わせが540円、冷めてもサクサク感が消えない天ぷらも1つ70円程度。

 DSC01595.jpg

 ついつい買ってしまって、家に着くまでにつまみ食いしてしまうのは毎度のこと。

 今まで知らなかったけれど、多分家から一番近いファーマーズマーケットだと思うので、これからもちょくちょく利用する。



 料理レシピブログの方もよろしくお願いします! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。
     
      
     

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2018/01/17 14:19】 | ハマる処アガる処
トラックバック(0) |
 普段は飲み物は冷たい方が好きなのだが、この季節はたまに温かいものにもソソラレル。

 近くのタリーズの前を通るたびに気になっていたカーキ色のホーロー製のコーヒーポットが欲しくて、店に入った。

 棚から手に取ってレジで値段を聞いたら、「それはタリーズが指定している店の飾りなんです。売り物なら私も欲しいんです」なんて満面の笑みで言われて、バツが悪いから目に入ったケーキとコーヒー豆を一袋買って帰ってきた。

 結局家で温かいコーヒーにはありついたけど。

 

 先日初めて、久茂地パレットの9階にある映画館、シネマパレットに行ってきた。
 
 DSC01581.jpg DSC01580.jpg

 今年の7月にリニューアルオープンし、こげ茶とアイボリーの内装が落ち着いた雰囲気を作っていて、イイ感じ。

 入り口やロビーなどは広くないが、90人と180人を収容できる2つの劇場を備え、客席の前後の間隔が広くとってあり、イスの座り心地も良い。

 腰痛持ちの私でも何度も座り直すことなく最後まで楽だった。

 
 ちなみに、今回私が観に行ったのは、「ゴッホ 最後の手紙」。

 ゴッホが死の直前に弟テオに書いた手紙が届かず、それを不憫に思ったゴッホの友人でもある郵便配達人が自分の息子にテオが住むパリまで行き手渡すよう頼む。息子はテオを探しながらゴッホの死の真相も探っていく。というサスペンスタッチのストーリーだ。

 私が観たかったのはストーリーではなく、その映像の描写方法。

 100人を超える画家が実写をゴッホ調の油絵に起こしなおしてアニメのように撮り直した作品だ。

 実写の映像をCG加工したものと大きく異なり、人の背景や風景が絵画のような遠近法、表現で描かれているので、人物が絵の中を動いているよう。

 回想シーンはモノクロ(の実写?)だが、それ以外は終始ゴッホ晩年のあのコントラストが強調された画面なので、結構刺激が強く、最初の方はストーリーが頭に入ってこないくらい映像に圧倒された。

 それでも、登場人物や情景が、ゴッホが絵に残した人たちそのものだったりするので、「この絵見たことある」とチョイチョイおまけもあって引き込まれた。

 この映画はもう終了したが、今はロダンをテーマにした「カミーユと永遠のアトリエ」をやっている。

 シネマパレットの上映スケジュールは→こちら



 料理レシピブログの方もよろしくお願いします! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。
     
      
    

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/12/10 19:12】 | ハマる処アガる処
トラックバック(0) |
 今日は冷え込みが緩んで、日中は上着着ていると汗ばむくらい。



 タイムスビルの2階ギャラリーでやっている、伊賀焼の陶芸家、小島憲二氏の個展を見てきた。

 毎年この時期にやっていて、今年で25回目だそうだ。

 灰が流れた緑色の肌や焦げは薪窯焼成ならでは味わいで、機械窯では到達できない陶芸の境地。

 小島氏の作品はその造形の力強さが好きだ。

 口や腰の部分などに切り込みやハッキリした切り返しを加えていて、全体の曲線を引き締めるエッジが効いたメリハリが素晴らしい。

 真似したくってもできるもんじゃないが、それでも作陶の刺激にはなるので、毎年楽しみにしている。

 この個展は明日まで。
 
 明日までといえば、壺屋陶器祭りも明日までですな。

 

 帰りがけに開南のあたりを通ったら、農連市場が「のうれんプラザ」として生まれ変わっていて、驚いた。

   DSC01557.jpg

 そういえば、今月の頭にオープンだと言っていたな。

 中を見ずにはいられなかったので、入ってみた。

 内部はイマドキの建物らしからず、幅がそう広くはない通路が少し入り組んだ造りになっているのだが、その方がかえって農連市場らしさが感じられて、イイかも。

   DSC01558.jpg

 ブースに分かれている店舗の他に、広いガレージスペースに昔ながらのオバぁが座って品物を並べている風景もあって、色々考えて作られたんだろうと、いたく感心。

 戦後から続いた場所を全取っ替えしたのだから、皆さんそれぞれの妥協の結果なのだろうが、知恵を出し合って、上手くまとまったように思われる。

 生鮮食品の店だけでなく、若い人が好きそうなイートインの店や、ホームセンターでは売っていない観葉植物や洒落た植木鉢の店の他、狭い間口のブースで卵だけを売っているオジちゃんの店などなど、新旧入り混じっている感じが何とも楽しい。

 まだ開店準備中の店も多かったが、テナントはほとんど埋まっている様子。

 2階には飲食店などがあり、3階が駐車場。
 
 建物の外側にも刀剣の専門店やお菓子専門店などの店が並ぶ。

 案内板も貼ってあるのだが、店の名前だけじゃなくて、何の店かも書いてくれた方が有難いね。

   DSC01559.jpg

 
 かつての早朝だけの市場ではなく、これから県内外の人が終日楽しめる場所になると思うし、国際通りから公設市場までしか入ってこなかった観光客が、その先の新天地市場本通りとか太平通りも通り抜ける機会が増えるのが何よりだと思う。

 太平通りで売られているお惣菜とか250円のお弁当が値上がらなきゃいいけど。

 開発で失われたものもあって、賛否あるだろうれど、前向きにとらえて、新名所に育っていって欲しい。


 
 料理レシピブログの方もよろしくお願いします! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。
     
      
  

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/11/25 20:05】 | ハマる処アガる処
トラックバック(0) |
 とうとう10月。

 年末の声が聞こえてきた感じ。

 先週の後半から北風に変わって、夜風は少し肌寒く過ごしやすい。


 
 先日、読谷村にある「さんご畑」に行ってきた。

 サンゴ養殖の第一人者である金城浩二氏が運営する施設だ。

    DSC01487.jpg

 ここでは10年以上サンゴ苗の養殖と海への移植を行っており、その間に海水温が上昇しても褐虫藻がサンゴ体外へ放出されない現象を発見し、サンゴによるものなのか褐虫藻によるものなのか、専門家がそのシステムの解明に取り組んでいる。

 解明できればサンゴの白化抑制対策に繋がるかもだ。

 施設ではサンゴ苗の養殖の他、自然の生態バランスが保たれた珊瑚礁の海を人工的に作り、そこでサンゴ苗を自然の海に移植できるまで育成させている。

  DSC01477.jpg DSC01485.jpg DSC01484.jpg

 中にギンガメアジやウミガメに餌をやることができる池もあるので、入り口で100円の餌を買って入ると面白い。

 入場料は大人900円と少し高めだが、珊瑚礁再生への支援としてご理解とご協力を。

 今回ここに連れて来てくれた友人は学生時代に海洋学を学んでいるので、この機会に講釈いただこうと思ったけれど、水槽に並ぶヒメシャコ貝を見て「美味しそー」を連呼、歓喜していたので、またいずれ。


 
 ここで何度も書いているように、沖縄のサンゴ死滅、珊瑚礁の減少が止まらない。

 国内最大の珊瑚礁の石西礁湖では、昨年の調べで70%のサンゴが死滅していたが、今回の調査で更に半減し、85%のサンゴが死滅している。

 幸い、先日の台風18号により海水温が少し下がり、それだけで白化したサンゴが再び褐虫藻を取り込んで息を吹き返した例も発見されたそうだが。

 
 二酸化炭素排出量の増加に伴う海水の温暖化や酸性化に加え、海水浴者の化粧品による汚染やオニヒトデの大量発生など、サンゴ減少の原因は様々だが、減った分を穴埋めする努力を加速しないと、あっという間に取り返しがきかない状態まで行ってしまいそうだ。

 県や自治体、民間が何もしていないわけではないけれど、今のようなペースでは減少のスピードに全く追いついていない。
 
 県や市民団体は米軍基地に絡むことには環境保護だの自然調査だのと大騒ぎするが、それ以外のところでは地元住民の反対を無視する形で、強権発動により開発を推し進めることもしばしば。

 沖縄返還から40年後の現在、最も海の自然環境が保たれているのは米軍基地がある海岸だというのは皮肉であり、沖縄県が直視しなくてはならない現実だ。

 国から受け取る巨額の振興費で観光地や道路などをいくら作っても、県民の生活が豊かになるどころか、そう遠くない将来に、沖縄は土産屋が並ぶだけの島になってしまいそうだ。

 今までのような目先の開発だけでは、世界に誇る豊かな自然という、沖縄本来の観光資源が失われてしまう。

 「お上に任せておけない」という趣旨なのかは分からないが、このところ民間や地域自治体主導で行われている環境保護の活動やイベント、プロジェクトが目立つ。

 海辺を歩くときにゴミを拾う程度の私が偉そうに言うのは恥ずかしいが、沖縄の宝、日本の宝を守る人たちの取り組みに頭が下がる。

 ゴミを捨てないなどというのは当然のことながら、海水浴の際は、天然由来の日焼け止め使用のみでなく、整髪料やスキンクリーム、香水なども洗い流した上で海に入るよう、お願いします。



  料理レシピブログの方もよろしくお願いします! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。
     
      

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/10/01 20:09】 | ハマる処アガる処
トラックバック(0) |