2016年の2月に東京から沖縄へ移住した。自宅で作陶しながら今後を模索中。
 熱中症注意まで出るようになって、日中は既に夏日。

 晴天の時は、木陰と日なたの気温差は5℃くらいあるそうだ。

 天気予報などの気温は日陰の方なのでご注意を。


 そして、今年もまたクーラーの季節がやってきた。

 言わずと知れた、クーラーはウチナンチュの大好物。

 朝から晩まで、車内でも室内でもガンガンに冷やす。

 日本一の肥満県だからというのもあるかもしれないが、もう、慣れというか、その室温にするのがただの習慣になっているのだと思う。

 日本にクーラーが普及した時は、どこよりも喜んで重宝したのは南国沖縄だったことは想像に容易いが、昔の冷却パワーが弱い頃からのフルパワー運転が今に残っているような。

 「強にしておかないと冷えない」と言う人が多いが、そんなことはない。十分冷えてるよ。
 

 古から、人も自然の中で生かされているという精神世界にいて、自然に抗わないことを良しとするウチナンチュも、この人工物は特別のようだ。

 ただ、冷やし過ぎは体に良いことではないので、何事もホドホドニ。



 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。


     

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/04/16 20:25】 | 沖縄の四季
トラックバック(0) |
 この時期は沖縄の晴明祭(シーミー)の季節。

 先祖代々の墓の前に一族(門中:むんちゅう)が集まり、先祖の霊を慰め、実りや健康に感謝の祈りを捧げ、そして祝いの宴を催す行事だ、

 元々は王族の習慣であったそうだが、それが士族へ、そして庶民へも広まったそうだ。

 
 先週末に行われた、琉球王国の王家である尚家のシーミー、御晴明祭(ウシーミー)を取材した番組を見た。

 王朝は明治政府の琉球処分で終わりを迎えたが、尚家は今でも代が継がれ、首里に自宅もある。

   DSCF2539.jpg

 尚家先祖代々の墓といえば、当然世界遺産の玉陵(たまうどぅん)。

 その前に供え物をして、人数は多くなかったが門中によりしめやかに執り行われていた。

 数年前から、当時の文献や資料に基づき、可能な限り忠実に再現していこうと、保存会も設けられているそうだ。

 観光向けではないが、公開されているので誰でも見学することができる。



 先日、SPROUTのオーナー宜保さんから燻製ドライトマトのオイル漬けをいただいた。

   DSC01187.jpg

 県産食材&保存料ゼロにこだわっている、豊見城町にある「美ら燻」のオリジナル商品だ。

 ほんのりと燻の香りがするトマトをハーブ入りオリーブオイルに漬けてある。

 りんご酢の酸味がアクセントになっていて、塩味などは強くない。

 そのままパンに乗せても美味しかったが、折角だから、下味を付けた鶏もも肉にモッツアレラチーズとトマトを乗せてオーブンで焼いてみた。

   DSC01195.jpg

 簡単だけど、トマトの味がシッカリしているので深みのある味に。

 パスタと和えても美味しそうですな。

 美ら燻の製品はイオンモール沖縄ライカムや道の駅豊崎などでも売っているそうだが、AMAZONでも買える。
 
 今は、壺屋のSPROUTの店頭でも売っていますよ。



 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。


     

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/04/14 19:43】 | 沖縄の四季
トラックバック(0) |
 今年は昨年と違ってウリズンらしい気候が続いて、木々が花や新葉をつけて生き生きしている。

 今日は、先週の小学校に続いて中学校の入学式のようで、昼過ぎにはチョッと大きめの制服を着た生徒が親御さんと歩く姿があちらこちらで見られた。

 沖縄では親御さんのスーツ姿の方が見慣れないので、そっちの方が新鮮だったりする。

 街頭のイペーの花が、鮮烈な黄色の花で春を演出しながら、子供たちの新スタートを満面の笑みで送り出しているようだ。



 そんな春爛漫の最中、先日「ほっときゃ治るでしょ」と言っていた風邪をまだ引きずっていて、先週末の海炎祭はベッドの上で音だけ聞くはめになったし、ちょうど内地から来られている人たちに会うのも断念したし、前々から楽しみにしていたことができなくて泣き。

 今日はもう大分落ち着いているけれど、何でまた、年に一度しかないイベントの時に、年に一度しかひかないような風邪をひくかね。

 食欲はあるので、せめて食べるくらい食べたいものをと、ぼた餅と桜餅を食べたら、同じ味しかしなかった...凹。

 皆さま、ご自愛ください。



 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。


    

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/04/10 19:00】 | 沖縄の四季
トラックバック(0) |
 今日、旧暦の3月2日は「月桃の日」。

 本島では月桃をサンニン、宮古島ではサニンとも呼ぶそうだ。

 月桃が咲き始めると、いよいよ春の暖かさを感じるウリズン本番で、その花が終わる頃には梅雨入りだ。



 そしてこの頃は「十五の春」の季節でもある。

 沖縄だけの話ではないだろうが、高校が無い離島の子供たちの多くは、中学校を卒業すると親元と島を離れ、本島や内地での生活を始める。

 ニュースなどで取り上げられる別れの場面は、泣けますな。

 でも、本島ではそういう子達を受け入れる体制がシッカリしているようで、学校に寮が無くとも、里親として面倒を見る人たちもいて、沖縄の人らしいユイマール。

 以前、毎年受け入れをしている、独り暮らしのオバぁの取材を見たが、入居している生徒たちが一緒に買い物に行ったり、家の修理を手伝ったりと、お互いに居心地が良さそう。

 そのオバぁが、「ここに居ると、親ほどウルサク言われなくて、良いでしょ?」と聞いたら、生徒が、「いや、親の方がウルサクない」と答えていたのには、笑った。

 そんなことも言える風通しの良い関係なんですな。

 部活をやっている生徒も、寮が閉まる夏休み中などは、このシステムを利用しているそうだ。


 
 明日の日中は半袖で過ごせる陽気のようだ。

 春はもうそこまで。



 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。


   

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/03/29 19:36】 | 沖縄の四季
トラックバック(0) |
 真冬の寒さというけれど、風は少し春めいて優しく、耳が痛くなるような冷え込みはない。


 店頭にはアーサやモズクの新物が並ぶようになった。

 モズクの新物を食べるのは初めてだったのだが、コリコリした歯ごたえと、海藻特有の粘りと香りが際立って、冷凍ものとは随分と違う。

 軽く洗って、そのまま海水の塩気だけで食べるのも美味しい。

 モズクとは本来こういう味なんですな。



 先日、友人と東村のツツジ祭りに行ってきた。

 行き掛けに遠回りして、以前の記事で紹介した、「道の駅おおぎみ」の新蕎麦を食べてきた。

 目立たな過ぎて素通りしてしまう人も多いと思わせる入り口を上がると、2階にはオーシャンビューの店内が広がっている。

   DSC01133.jpg DSC01131.jpg

 日本蕎麦と沖縄そばの店、その名も 「美ゅうびゅう」だ。

 かけ蕎麦の大盛りが1,250円とチョッと高めだが、地元大宜味村で収穫した新蕎麦粉で打った十割蕎麦がいただける。

   DSC01132.jpg

 一般的な十割蕎麦のザクザクとした歯ごたえやゴワッとした口当たりが無く、私好みの滑らかな食感だった。

 そして、私は濃い口の蕎麦つゆが好みなので、コクのあるかえしと香りの良い出汁で作られたこの店の蕎麦つゆは、とても気に入った。

 シッカリした味の蕎麦つゆは、蕎麦湯で薄めても味が壊れず、出汁の香りが一層引き立って美味しい。


 ちなみに、この道の駅の裏側には親川滝(ウエーガーダキ)という、大宜味村の癒し観光スポットの一つがある。

 現在表通りからは(工事中で?)立ち入り禁止になっているのだが、この蕎麦屋の入り口を上がると店のバルコニーがあり、そこからは滝を間近に見ることができる、チョッとした穴場。


 
 東村(ひがしそん)では、毎年この時期にツツジ祭りをやっているが、今年は所々咲いているものの、まだ開いていないつぼみの方が多かった。

  DSC01142.jpg DSC01144.jpg
 
 入場料は350円なのだが、「残念ながらまだ満開とは言えないので、後日また足を運んでください」という主旨が書かれた、次回入場無料券を配っていた。

 沖縄らしいね。

 当日は曇り空だったが、晴天なら高台から海とツツジが一望できて、さぞや綺麗だろうなという大きな公園だ。

  DSC01148.jpg DSC01137.jpg

 今週末もしくは来週半ばあたりが見頃だろうか。

 エイサーの演舞や出店が並ぶツツジ祭りは20日まで、花見期間は26日までだ。

 

 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。


         

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/03/07 16:20】 | 沖縄の四季
トラックバック(0) |