2016年の2月に東京から沖縄へ移住した。自宅で作陶しながら今後を模索中。
 ホームセンターにはもうハロウィーングッズが。

 

 今日の9月8日は「桑の日」だそうで、地産の桑の商品化に力を入れている浦添市では桑の実を使ったシャーベットを保育園に配ったりして地元にPR。

 私も桑の実シャーベットをイベントで食べたことがあるが、甘酸っぱくて美味しくできていた。
 
 桑の葉の方はお茶や乾燥させて菓子に練りこんだものなどが売られているが、「桑の葉の味」が美味しさを引き立てているわけではないので、豊富な栄養源としての商品開発へ梶切した方が良いかと。



 先日の旧盆では、私も何かしようと思い立って、線香花火を灯して両親や祖父母らへ思いを馳せた。

   DSC01423.jpg

 ご存知の方も多いと思うが、線香花火は4段階に燃えて、その燃え方に蕾、牡丹、松葉、散り菊という名前が付いており、それぞれ、誕生、青春、結婚、晩年と人の人生になぞらえているそうだ。

 頭に浮かぶ亡くなった人の数だけにしようと思ったけれど、途中で落ちてしまったり、球が弾けたりしたので、ムキになって次から次へと火をつけた。

 やっと満足する燃え方をしたときには、山のような燃え残りが。

 知らない人の霊までお送りしたと思う。  



 ベランダでそんなこととしている間も、何処からかエイサーの音が聞こえていた。

 現代ではノリの良いイマドキの音楽に乗せて踊る創作エイサーに携わっている若者が多い。

 それゆえ伝統的エイサーの人口が減少し、存続の危機に瀕している地域もある。

 エイサーは沖縄全域に広がっているものではあるが、一つの集落が他の集落から指導を受け、それぞれ独自の発展を遂げたものも多いので、動作などが細分化しているのも一つの理由。

 糸満市の米須エイサーは村おこしのために生まれ、今では糸満旧盆の顔にもなっているが、運営している青年会はかつての数百人から現在では5人に。

 それでもOBや応援する地元の高校生、学生らの助けにより今年は60人近くが集まり、大盛況の中で45回目の「エイサー盆踊りの夕べ」を終えたそうだ。

 そのことが今日のニュースで報じられていたが、踊りが終わった後に地元の人たちが口々に、「良かったよ」、「最高」などに続いて、「ありがとう」と若者たちを労っていたのが印象的。

 皆さん、青年会の現状と彼らの努力を知っているのだろう。

 
 エイサーの話題のたびに同じことを言うようだが、何でエイサーを見るとこれほど心が揺さぶられるのだろうか。

 同様に念仏踊りに始まる踊りや祭りは全国に沢山あるのに、エイサーだけが特別なんだよね。

 ふしぎ。



 料理レシピブログの方もよろしくお願いします! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。

         
   

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/09/08 20:03】 | 沖縄の四季
トラックバック(0) |
 今日は旧盆の最終日、ウークイ。

 3日間それぞれに意味がある中で、このウークイが先祖の霊をあの世へお送りする最も大切な日という。

 今日は学校などは休みで、店舗も早仕舞いするところが多い。

 そして、エイサーが最も鳴り響く夜だ。

 初日のウンケーの夜は、物凄い雷雨でイベントやエイサーが中止になったところが多かったようだが、今日は夕立も過ぎ去ったようだし、このまま降らないことを祈っている。

 9月に入ってからの旧盆も珍しいそうだが、この日に雨が降るのはもっと珍しいとか。



 人は自然の一部として、他人や他の生き物の中で生き、抗うことなく、争わず、しがらみも絆として今を生きることを旨とするウチナーンチュ。

 今生きている自分たち、自然の有り様、この世界が横軸方向に広がり、それが縦方向に時間軸として続いている。

 先祖から連綿と続くウチナーンチュの祈りが、今日を経てまた未來の子孫へと繋がっていく。

 華やかさがなくとも、沖縄が、ウチナンチュが最も尊く、輝く日だ。


 お、いよいよ、何処からかエイサーが聞こえてきた。



 料理レシピブログの方もよろしくお願いします! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。

         
  

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/09/05 19:42】 | 沖縄の四季
トラックバック(0) |
 明日から旧盆。

 うちなーんちゅにとって大切な3日間。

 
 先月から準備のための色々がCMや街の所々で見られ、街全体がどこか落ち着かない様子。

 スーパーでもお供え用の花や果物、食べ物の詰め合わせなどが山のように積まれ、それらが普段使いではない見慣れないもの、高価なものであるので、ご先祖様を大切にする気持ちが伺える。

 線香やうちかびなどはもちろん、長いサトウキビのさやや葉付きショウガなど、どうやって使うのだろうというようなものも、売り切れご免が許されないのか、とにかく沢山店頭に並んでいる。

 ワラ縄を円形に結んであるものがあって、しめ縄なのかと思ったら、「ガンシナ」といって、スイカなどの供え物を安定させるためのもので、ご先祖様があの世にお供え物を持ち帰るときに使うそうだ。

 かつての沖縄では、大きな荷物を頭の上に乗せて運ぶ時にもこのガンシナを使っていた。


 週末ということもあってか、もう昨晩からエイサーの音が何処からか聞こえてきて、とても賑やかだった。

 今日は、私が住む地区の自治会が催す、毎年恒例の子供空手演武と子供エイサーが披露された。

   DSC01411.jpg DSC01413.jpg

 親御さんや近所の人々が目を細めて見守っている姿はいつも通り。

 観客の半分くらいは子供だったが、中には飽きてしまって走り回る子もいたけれど、ほとんどの子がシッカリとエイサーを見つめている。

 将来の自分の姿に重ねているのか、うちなーんちゅの魂が受け継がれていくのだろうね。

 
 大太鼓は2つしか使っていないのに、流している音楽以上に迫力のある音圧だ。

 住宅地の中の民家の駐車場を使っているので、当然その音は遠くまで流れている。

 時間も短いし、沖縄にはこれに文句を言う人はいないと思うが、昨今は全国的に盆踊りや伝統的な祭りにも音へのクレームが厳しいとか。

 街全体が祭り一色になる、あの阿波踊りの祭り当日でさえも、深夜前に躍る音へのクレームが出て、警察が住宅地近くの集まりを解散させていたし、何処かの盆踊りでは、参加者全員がFM受信機から流される音楽をイヤホンで聴き、太鼓は叩いている真似だけのエアー太鼓。

 傍から見ると、大勢が音のないところで無言で踊りながら櫓の周りを回っている異様な光景だ。 

 
 一方、話は逸れるが、早朝5時から大音響で音楽を流し続ける家があっても、取り締まる法や条例が無いので成すすべがない。

 その家は、風鈴の音がウルサイと注意したら、翌日から風鈴の数が増えていったそうだ。

 結局その家主の女は、注意しに来た近所の男性を車で轢き殺そうとして逮捕されたが、早朝の騒音はその娘が引き継いでいるらしい。

 イベントや工事現場などの騒音は取り締まれても、民家が出す音には「生活音」の範疇で取り締まれないのが原因。

 譲り合いとか、良い意味でのお互い様などの性善説では社会が悲鳴を上げる現代。

 誰の言葉だったか、「全体主義は正論を破壊する」。

 
 そんな私のネガティブ志向を忘れさせてくれる、うちなーんちゅの3日間。

 心穏やかに先祖の霊に向き合います。



 料理レシピブログの方もよろしくお願いします! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。

         
  

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/09/02 20:35】 | 沖縄の四季
トラックバック(0) |
 昨日の夕陽は滅多に拝めない、今までに私が見た中で一番の美しさではないだろうか。

 画像では撮りきれないが、実に見事だった。

    DSC01397.jpg


  
 今日は久々の雨予報だったけれど、期待に反して、時々にわか雨のように激しく降っただけのお湿り程度。

 本島は7月にたっぷり降ったので、この晴天続きでも貯水量はまだ80%超えだそうだが、沖縄では台風が来ないと自然も人もライフサイクルが上手く回らない。

 石垣島と西表島の間に位置する日本最大の珊瑚礁である石西礁湖では、全体の90%が白化し、完全に死滅した群体は全体の70%に上っている。

 昨年、一昨年と台風の直撃が連続して少なく、水温が高い状態が続いているのが主な原因とされ、今年こそは海をかき回してもらわないと、更に深刻だ。

 私はまだ台風直撃の中に身を置いたことはないので、不安ながらも、早く来いと期待もしている。

 ちなみに、海水浴者の日焼け止めの成分もサンゴ死滅の一因となっているので、最近では天然成分のみで作られた、サンゴに影響を全く与えない製品も売られているので、理解と協力をお願いしたい。

 

 先日、骨董市に嘉手納まで行ってきた。
 
 1502524511_598eb45f59219_raw.jpg

 今年の1月に始まり、今回ですでに3回目。

 ラジオなどで開催を聞くたびに興味があったのだが、値切ることが苦手な私には足が動かすにいたが、「見るだけ」と意を決して行ってきた。

 ネーブルカデナというショッピングモールの中でやっているのだが、駐車場から見えた屋外の会場らしきところに向かうと、骨董市というよりガラクタ市のような品物が並ぶ屋台が3、4つ並んでいるのが見えただけで、ずいぶんとガッカリしてしまったが、実はメインの会場は室内の方。

  DSC01388.jpg DSC01387.jpg

 広い会場ではないけれど、所狭しと商品が並べられ、食器やインテリア雑貨類の他にも、人間国宝の金城次郎氏のやちむん作品や、芭蕉布の着物など高価なものまで。

 生きているうちに着たいと思っている宮古上布の状態が良い着物に心動いたが、衝動買いするようなものではないと、ここは我慢。

 欲しいと思っている、染付の徳利とぐい飲みは見つからなかったけれど、これからもこういう催しには足を運んでみようかと。
 
 「カデナ骨董市」は、主催者がネットでの宣伝をしないので、事前に開催日時などのをネット検索することはできないが、出店者が自身のブログなどに記載したりするので、そちらを探してください。

 今回の開催は本日で終了。



 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。

         
 

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/08/20 20:28】 | 沖縄の四季
トラックバック(0) |
 まとまった雨には恵まれないが、毎日夕日が美しい。

    DSC01368.jpg



 沖縄で終戦といえば、沖縄戦が結着した6月23日の「慰霊の日」の方が県民の心に浸透しているようで、その日は朝から晩までメディアがその話題で埋め尽くされていたけれど、今日の終戦記念日はそれなり程度だ。

 当時は、ほとんどの沖縄住民が米軍の強制収容所の中でこの日を迎えたのだから、本土の一般市民とは大きく異なり、終戦の安堵よりもそれからの過酷な境遇が始まった日として心に刻まれているのだと思う。


 
 沖縄では、地元メディアで戦争や基地という言葉を見聞きしない日はない。

 毎日毎日、年中その言葉が付いて回る。

 そのたびに、幸せな気持ちが少しずつ剥ぎ取られていくような気がして、何か心の奥の方にあるものを鈍器で殴られているような感覚を覚え、消化しきれないうちにまたその感覚が蘇りと、常に気持ちが晴れない状態でこの1年半を過ごしてきた。

 何をしていても、どこかつまらないような、思いっきり笑えないような。

 生まれた時からこの環境に浸かっているウチナンチュは、適度な不感症も身に着けて、普段の心のバランスを保っているのだろうか。



 世界中が「戦争はいけない」と口々にしながらも、国益を守るために、国民を守るために、人種の優位主義だの、自国の第一主義だのと、「例外」に走らない忍耐と知恵、退く勇気と決断を指導者と我々人民に求めたい。

 戦没者の魂を慰めながら、そう願う。



  料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。


         
 

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/08/15 20:04】 | 沖縄の四季
トラックバック(0) |