2016年の2月に東京から沖縄へ移住した。自宅で作陶しながら今後を模索中。
 夕方近所を歩いていたら、意外に多くの人通り。

 夏休みが始まったとはいえ、コンビニの前でたむろしている若者とか、浴衣を着た娘たちや親子らも。

 そうか、今日は「てだこ祭り」の最終日だったんだね。

 毎年この時期に浦添市の運動公園をメイン会場にして、コンサートの他種々のイベントが3日間催される。

 昨晩に続いて、今夜も1万発の花火が上がった。

 ウチのベランダからよく見える唯一の花火なのだが、前の細い道路が花火会場に真っ直ぐ向かっているので、近所の子供たちも道に見物に出てくる。

 行きかう車が、路駐の車やはしゃぐ子供たちをクラクションを鳴らさずに避けながら、車同士も上手にすれ違っている様はいかにも沖縄らしい優しい光景だ。



 先日、NHKのプレミアムカフェで、2002年に初回放送された「美ら島賛歌~あたらしい沖縄のうたを訪ねて」が放送されていた。

 高度成長期を経た日本に返還され、社会環境が急激に変わった当時の沖縄で、民謡ではない沖縄をうたう歌が数多く作られ、NHKの「あたらしい沖縄のうた」という番組が、昭和52年から21年間県内で放送されたそうだ。

 古き良きウチナーンチュの習慣を歌うもの、開発で壊れていく自然を歌うもの、またその様を笑い飛ばすもの。

 当初フィンガーファイブやアン・ルイスなども歌い、「悲しきマングース」は私でも聞いたことがある。

 番組では、BIGINの3人が当時の作曲者を訪ね、その頃の沖縄や自分たちに想いを馳せて、今の気持ちから新曲を作るというもの。


 私は東京にいた頃、ファンクラブの友人に誘われてBIGINのコンサートに行ったことがある。

 コンサート全体やMCを通して感じたのは、変な表現だが、「筋金入りの優しさ」というか、この人たちは心の底から優しいんだなと。

 あのメロディの美しさも優しさからきている気がするくらい。

 あの日以来私もファンになった。

 
 番組の中で、彼らの故郷石垣島の中学生に「島への思い」をテーマに言葉や詩を書いてもらい、自分たちが「あたらしい沖縄のうた」で歌を身近に感じていたようにと、沖縄の子供たちのための曲として2曲作るのだが、その1曲目は「カンカラ三線うむしるむん」。

 子供達でも三線に親しめるよう、弾くにも歌うにも分かりやすい旋律と歌詞だ。

 そしてもう一曲が、あの「島人ぬ宝」。

 そういう経緯でできた曲なんだと初めて知った。

 
 東京でもカラオケで数えきれないくらい聴いたが、歌っているのはみな沖縄の人ではない。

 失うものや変わっていくものの中で、人が思うこと、心を寄せるものはそう違わないのだろうね。

 ちなみに私が一番好きなBIGINの曲は、「僕らのこの素晴らしき世界」。
 


 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。


      

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/07/23 21:51】 | これ知ってる?
トラックバック(0) |
 朝は蝉の声で目が覚める。

 その賑々しさも昼には治まるが、蝉ってそういう鳴き方だったっけ?

 東京では午後も夕方まで鳴いていたと思うが。

 沖縄の蝉は朝型なのかな?



 今、宜野湾市立博物館で、「「紙ってるね! 沖縄の動物たち」という企画展をやっている。

  DSC01343.jpg DSC01346.jpg

 簡単に言うと、折り紙で作った沖縄に生息する動物を展示してる。

 ハッキリとした説明がないのだが、どうやら作者は折り紙作家の渡邉慧氏のようだ。

 形だけでなく、紙の質感と色でそれぞれの筋肉や骨格が巧みに表現されて、生き生きとした70ほどの作品はどれも素晴らしい。

 ヤシガニやオオウナギ、ヤンバルクイナやヤンバルテナガコガネなどが並び、続いてトナカイ、オオアリクイ...

 沖縄にいるんか?

 更に進むと、ティラノサウルス、ステゴサウルス...

 で、ドラゴン...って、作品は沖縄の生き物だけじゃないのね。

 ドラゴンは、大きくはないがとても迫力がある作品だ。
  
 この企画展は8月21日(月)まで。


 常設展示の方は、宜野湾市の歴史を中心とした展示だ。

 発掘された土器や、戦前戦後の遺物、生活や御嶽跡などの展示が並ぶ。

  DSC01344.jpg DSC01345.jpg

 現在冷房を修理中なので、暫く時間を空けてからの方が無難かも。

 博物館は火曜日と祝祭日が休館。

 入場無料(企画展含む)。



 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。


     

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/07/20 20:02】 | これ知ってる?
トラックバック(0) |
 沖縄県からの甲子園出場は、那覇市の興南高校に決まった。

 おめでとうございます。

 また、やっつけ応援のこの季節がやってきた。



 今年はアサガオの苗を買ってきて、ベランダの格子に絡めたみた。

 毎朝花を咲かせるものの、みんな部屋と反対の方を向いている。

   DSC01340.jpg

 そりゃそうか。

 「あの~、こちらを向いていただけませんでしょうか?」

 「知るか」という返事が聞こえてきそう。

 来年は別の方法を考えます。


 
 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。


    

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/07/17 19:21】 | 沖縄の四季
トラックバック(0) |
 今年一番の暑さを連日更新している沖縄。

 今日は「マンゴーの日」だそうで、何で今日かはよく解らない。

 5月8日の「ゴーヤーの日」は知名度向上と販売促進に大きく貢献しているそうで、同じように取り合えず「日」を作っとけ、ということらしい。

 ゴーヤー大使なるものも選出し、なんとかマンゴーという新曲を出す、なんとか48のセンターの子とのこと。

 インタビューで、「曲と一緒にマンゴーも宣伝します」って、曲の方が優先なんだね。

 人選大丈夫か?



 沖縄市に、自家製ハムとソーセージの「TESIO(テシオ)」という店がある。

   DSC01335.jpg

 盆暮には贈答用に出回るけれど、日常的には厚切りしたくなるような美味しいハムに滅多にお目にかかれない沖縄では、こういう店は貴重。

 ハムとソーセージを合わせて、ざっと20種類くらいだろうか、正面の大きなショウケースに並んでいる。

   DSC01336.jpg

 お勧めや人気商品を聞いて、幾つか選んだ。

 周りに黒コショウをビッシリとまぶして、口中の温度で溶ける甘みのある脂が旨いハム、赤身とピスタッチオを散りばめた太ソーセージ、その他ハーブやチリ味の定番ソーセージと、コーンドビーフ。

   DSC01339.jpg

 チョット買い過ぎた感もあるけれど、好きだから。

 各素材の風味のバランスと塩加減がとても良い。

 ケッパーと粒マスタードを添えれば、もう堪らない。
 
 
 店主は世界大会で金賞を取った静岡の店でドイツ製法を学び、これから加工肉をテーマに商品を広げていくそうだ。

 今回は、そのままいただくのに丁度いい厚さにスライスしてもらったが、旨い脂のハムは焼くのもまた美味しいので、次回は厚切りで。

 ちなみに、唐突だけど、スーパーで買える沖ハムの「沖縄 しまの匠~ガーリック&ペッパー」も好き。

 こちらは焼いていただくのがお勧め。

   DSC01330.jpg

 TESIOは月曜日定休、駐車場はないけれど、ゲート通り沿いなので店の前に路駐可。    



 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。


    

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/07/15 18:30】 | カメーカメー沖縄の食
トラックバック(0) |
 全国的に真夏日&熱帯夜が続いているそうだが、沖縄も寝苦しい。

 夜間の外気温は27℃くらいでも、日中に外壁が蓄えた放射熱で、室内温度は30℃を優に超えている。

 熱中症発生の割合は、日中と夜間で同じだそうだ。

 私は沖縄の海風を頼りに窓を開けて寝ているが、今朝のテレビで、エアコンをつけっぱなしで寝るのがベストらしい。

 ただ、タオルケットではなく、布団をかけて頭と腕だけ出し、足は布団の中。

 タイマーを使わず、朝まで一定の温度を保つこと。

 喉は乾燥するので対策は必要。

 扇風機は冷気の循環に使い、風を体に当てない。首振りさせてもダメ。

 上記の態勢で快適に眠れる室温を保つこと、自分に最適の温度設定がカギとのこと。

 最適温度は男女や個人で差があるので、ご夫婦などはその調整が難しそうだ。

 医者や専門家が言うことなんざ、時代や人によって180度異なることもあるので、話半分くらいに聞く方が良いかもしれないが、ご参考まで。

 

 書くタイミングを逸していしまったが、一昨日まで県庁前RYUBOの美術サロンで、琉球ガラスの展示会をやっていた。

 「沖縄で生きる3人の若手ガラス職人と土田康彦展」

   DSC01333.jpg

 琉球ガラスというと頭に浮かぶ一定のイメージがあるだろうが、それとは大分異なる見事なガラスの工芸品だった。

 糸満にある琉球ガラス村の3人の若手職人が、ヴェネチアガラスに触発されて技術を磨き、その技をふんだんに取り込んだ作風が際立って美しい。

   DSC01331.jpg
   
 大きい作品の価格は6桁当たり前な感じだったが、3人の他にヴェネツィアで学んだ土田康彦という作家の作品は国産高級車が買えるくらい。 

 それは、縦横30cm、奥行き10cmくらいの四角い透明ガラスの塊の中に、赤や黒の幾何学模様の色ガラスが取り込まれている。

 シンプルに見えるが、どうやって作るのか見当もつかず、引き込まれるように見入ってしまう。


 オブジェ以外にも、この展示会用に作られた新作の器類もあって、私は森上真さんという職人の作品の中から、ぐい飲みを一つ。

 薄いガラスの表面に白いガラス粉をまぶし、さらにサンドブラストで艶を消した作風。

   DSC01332.jpg

 こちらの値段は4桁前半。  
 
 今回の展示作品は琉球ガラス村のギャラリーでも常時展示販売しているそうなので、琉球ガラスの高度な技も見てください。



 料理レシピブログの方もよろしくお願いしま~す! 
 「餃子右衛門の食卓」 http://gyouzaemonstable.blog.fc2.com/


 *記事本文中の赤太字は外部リンク、青太字はブログ内リンク



  【ランキング応援 1日1クリックお願いしまーす!!】 
    
  ココをポチっとお願いします
     ↓
  
人気ブログランキングへ


  ついでに、ココもポチっと
    ↓↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

  いつも応援有難うございます。


   

FC2blog テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

【2017/07/12 18:12】 | 沖縄の手わざ
トラックバック(0) |